mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
以前にもビナ・ルマジャの公演を観たことがありますが その時はレゴンダンス。
このグループは土曜にレゴン、火曜にラーマヤナ・バレエと 王宮で2公演行っています。

ラーマヤナ舞踏劇というのは古代インドの叙事詩で ケチャでお馴染みのストーリーです。
以前ストーリーを簡単に紹介したので ケチャの記事を参考にしてください。

ケチャ以外でこのラーマヤナを演じるのは珍しく。
レゴンはキレイで好きだけどちょっと眠くなっちゃうことが多いワタシ。
ケチャはストーリー性があって好きなので このビナ・ルマジャの公演を観てみました。

19:30スタートで Rp80.000

Ramayana BinaRemaja

最初は 「レゴン ジョボグ ダンス」 とかいうので
スバリ王とスグリワ王のストーリーを 元にしてるそうな。

Ramayana BinaRemaja

その後 一般的なケチャと同じストーリーに入っていきます。

Ramayana BinaRemaja

やはりストーリーがあると面白い
ケチャの 裸のお兄さんたちをなくしたバージョンって感じです。

Ramayana BinaRemaja
加トちゃんのひげダンスに見えなくもない

ちょっとアングルがおかしいのは 座席に座らず 端っこの柱に座ってたからです。
ちょっとやる気なかったです
バッチリ動画を撮って皆さんにお届けするぞ?!って 張りきってビデオカメラ持参したのに
始まる直前に気づいちゃったよ。 バッテリーをホテルに忘れてきた
仕方ないからデジカメの動画機能を使ったけど こっちも途中で充電切れそうに。

早めに入って待機してたので 始まる頃には疲れが出て眠くなってくるし。。

そんな微妙な環境ながらも 内容は面白いものでしたよ!

Ramayana BinaRemaja

ダンスは色々あって迷っちゃいますが 観る曜日でおのずと絞られてしまいます。
火曜は人気のスマラ・ラティやデワ・ニョマン・イラワンさん出演の公演とかぶってます。
王宮が近くて楽だわって人には このビナ・ルマジャでも十分満足できると思う。

ワタシはスマラ・ラティも観ましたが (だいぶ前で写真ないので記事にしてません)
眠くなってしまったこともあり、 ワタシはこっちの方が好きかも。
実力派のスマラ・ラティを簡単に切り捨てろとは言えませんが、
ま、要するに ワタシはレゴンよりケチャの方が好きなんですよね。

Ramayana BinaRemaja

特にこのハノマンが出てくるパートが好きなんですわ。 ケチャではいつも言ってるけど。

Ramayana BinaRemaja

到着した順に好きな席に座って待つのは何処でも同じですが、
ウブド王宮の場合、ステージになる部分と正面の椅子の間に空間があります。
カーペットが敷かれた場所です。
開演間近になると 必ずここに人が座り出して 椅子に座って待っていた人たちから
ブーイングが起きます。 毎度のことです。

物売りおばちゃんから飲み物を買った人などが よく案内されてます。
ここは座っちゃいけない場所ではないんですよ?。
飲み物やお菓子を買った人だけが座れるって場所でもありません。
ワタシは一度ガイドに 「あそこ座ってもいい?」 って早々に聞いたら
「もっと後でならいいです」 って言われたことがあります。
開演が近くなって空席が少なくなってきた時に すかさず行くのがいいかもしれません。
必ず座っていいのかもよくわからないので、誰かが座ったら自分も行くのがいいかも。
ただし、ブーイングは覚悟の上で。

Ramayana BinaRemaja

ウブドで何を観るか迷ったら アパ?情報センターのサイトは参考になります。
「ウブドの定期公演」 というメニューを探してね。
現地では道端や会場でもチケット購入できますが 王宮近くの観光案内所ビナ・ウィサタや
アパ? 情報センターでも扱ってます。

動画は ここからビナ・ルマジャのラーマヤナ
デジカメだし アングルも悪いですが 雰囲気は伝わると思います。

スポンサーサイト
2010.07.01 17:05 | 踊り | TB(0) | コメント(4) |
ウブド王宮 (サレンアグン宮殿) では 毎夜 ダンス公演があります。
レゴンの会場としては 一番 雰囲気があるかな と 思いつつ ワタシはあまり好きじゃない。
イスの配置や 暗さのせいで 見にくいと思う。 でも雰囲気はいいよ。
JayaSwara

日曜は Jaya Swara というグループ。 若手の集まりだそうで 内容が斬新。
それほど バリ舞踏に詳しいわけじゃないけど 今まで見たのとは違って 新鮮で面白い

JayaSwara
始まりは パフォーマーたちが 花道状態で 観客の後ろから入場。 真横を通って行った。
これだけでも新鮮だわ みんなキレイで ワクワクしちゃう
JayaSwara
観客ひとりひとりに 花を挿して回ります。 始まりにやるのって初めて。
キレイな踊り子さんに花もらって もうドッキドキ
JayaSwara

最初の演目は テドゥンアグン。 歓迎の踊りだけど 女性だけでなく 男性も一緒に踊る。
テドゥンは傘という意味で 大きな傘を持った男性が神様。 お供え物を持った女性が村人。
JayaSwara
華やかな女性だけのペンデット (歓迎の踊り) が大好きだけど
これも とても面白かった。 男性の力強い踊りも加わり見応えあり。

次がバリス。 男性舞踏で戦士の踊り。
ここでは 王様に仕える家来の踊りだそうです。 戦いの練習の様子を表現してるそうな。
JayaSwara
男性舞踏の基本で 男の子は最初にこれを習うことが多いらしい。
まだ幼いって感じの男の子たちだったけど 力強くて 見入ってしまいました。

レゴン スプラバドゥタ。 通常は3人で踊るレゴンを ここでは5人。
JayaSwara
ワタシ、 レゴン観てると眠くなっちゃうことが多いんです
バリ舞踏の代表的演目で もっとも華麗と言われるらしいですが
ん?、、ペンデットや クビャールトロンポンや ミツバチor極楽鳥ダンスの方が好きだっ。

中盤には 休憩というか 踊りがなくガムラン演奏のみ。

踊りがないからと あなどるなかれ。 ガムラン隊に イケメン発見
JayaSwara
ガムラン隊や ケチャには こういう楽しみ方もありまする。 邪道でも構わん

後半最初は トゥルナ ジャヤ。 男装した女性による 勝利の踊り。
若さゆえの心の移ろいなんかも表現されてるそうです。
JayaSwara
ワタシには 渡辺えり子さんに見えました

ワタシが釘付けになった チェンドラワシ。
2羽の極楽鳥が戯れてる様子を表現した踊りだそうで めちゃめちゃキレイで優美なの
JayaSwara
今まで あまり見たことないような すそがひらひらの衣装もキレイ。
JayaSwara
まともな写真がなかったので 観たい方はムービーで観てくださいね。

最後は やはりトペン (仮面劇)。
トペンには 王様・老人・悪魔など 何十もの種類があるそうですが
ここでは 良い王様の面。
JayaSwara

全て終わったら ガムラン演奏と共に 出演者が並び ご挨拶。
JayaSwara
バリスの男の子たちが こそこそお喋りしてたりして 踊りが終われば普通の少年だね。

19:30からで Rp80.000。
面白くて見入っていたら あっという間に終わってしまいました。 かなりワタシ好みでした

動画は ここから
前に座るおばちゃん2人の間から必死に撮ったものの おばちゃんがよく動く動く
時々 影が入るけど 気にしないでねっ。

2008.01.04 13:29 | 踊り | TB(0) | コメント(12) |
ウブド界隈で 金曜日のケチャは 2公演。
宿から近い方がイイ というだけで選んだ パダン スバドラ
会場の パダン クルタ寺院は ハノマン通りの 南寄り。
PadangSubadra
19:00スタートで Rp50.000です。
ギリギリまで ブガールセハッで 足マッサージをしてから 向かいました。
ブガールセハッからは数メートルです
PadangSubadra
席はまだまだ空いていたけど ワタシは敢えて立ち見。
写真撮ろうと思うと 思わず席を立ってしまうので ならば最初から立ってよう。
同じ考えなのか 隣には一眼レフを持った白人が一人立っていた。

PadangSubadra
わらわら出てきます。
人数多く感じたけど 会場が小さいせいなのかな。

PadangSubadra
感想を書こうにも 実はあまりよく覚えてないの
悪かったという記憶もないけど すごく良かったという印象もない。。
まあ 普通に楽しめました
PadangSubadra
そんなわけで 今回は ほとんど ただの写真集
自分が何を見たか 記録しておく為だけと言ってもいいくらい。
最近 ダンス公演が複雑で・・・。
公演が増えて、 行く度に変わってるし、 もう何が何だかわかりません

この人の動きはすごかった。 ような気がする。
PadangSubadra
それよりも 面白い顔だなぁ・・・の方が印象的で (笑) もちろん ダンス用の顔がですよ。

PadangSubadra
ハノマンには やっぱり釘付け。
でも やっぱり よく覚えてない
PadangSubadra
徐々に 客も増え 椅子も増え。 反対側に ゴザまで ひき出す始末。
写真撮るのに邪魔なんだってば
見た目よりも 入るだけ入れてしまえ?!な ところは 何処の会場でも同じですね。
PadangSubadra
踊りの解説 全くなしですね このグループの名誉の為に言っておくと・・・・
決して つまらないから覚えていないとかってわけでなく。
4ヶ月も経ってしまったので 覚えてないの
1年経っても印象に残ってる公演もあるので そう考えると・・・・ですが。。
この時の滞在では 3回も踊りを見たので 記憶がごちゃ混ぜになってる可能性も
PadangSubadra
一応 最後まで見入っていた事だけは お伝えしておきます。
PadangSubadra

ファイヤーダンスもありです。 ちゃんと最後まで見たからねっ (しつこい)
PadangSubadra
ウブドのケチャは相変わらず暗いので フラッシュのイケてるカメラ持参をお勧めします。
PadangSubadra
注) 心霊写真ではありません。 ワタシの撮影技術の問題です

2007.12.18 01:22 | 踊り | TB(0) | コメント(6) |

Calendar

04 | 2017 / 03 | 05
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。