mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
今回は マニックオーガニックでのお買い物について。
ここには色々な商品が並んでます。

ManikOrganik

オーガニック商品やナチュラル石けんはもちろん。

ワタシには何だかよくわからないものも多かったです

ManikOrganik
パワーストーンと石けんが並んでたりして本当に雑多な感じ。
↑ 棚の下にバリアスリの商品があります。

こっちには バリタンギで見た石けんがあります。 ↓
ManikOrganik
そんでもって ↑ 茶色い箱の石けんはスミニャック(オベロイ通り)のアースカフェと同じ。

この手のお店は品揃えが同じようになりますね。

とりあえず この石けんを1個買ってみましたが まだ使ってません。
ManikOrganik
Ritual Alami 'Black Rice Exfoliation Bar' 150g Rp26.500

もうひとつ、ココで買ったものが このリサイクルバッグ。
ManikOrganik
かなーり大きいサイズ (W41cm x H38cm x D18cm) で Rp90.000でした。
これはモルトなどの洗剤関係のパッケージを再利用して作ったバッグです。
他にもジュースとかコーヒーとか 色々なパッケージのバッグがあるんですよ。

使うパッケージによって色合いが変わってくるわけで。
ワタシがチョイスしたのは 紫やピンクっぽいものを集めたタイプ。
他も 黄色系とかブルー系とか色々あって可愛かったです。

ManikOrganik
↑ 反対側。
こっちの面にはラックスのボディソープも入ってますねぇ。

質感はちょっとゴワゴワしてて 普通にお出かけバッグとして使うような代物ではないです。
この柄では使う気にならないけど・・・。
使い道としては お買い物の際のエコバッグかな。

ワタシは 直前に ランドリーに通う時に使ってた袋が破けたので 代わりにと思って購入。
洗濯絡みのパッケージが多く使われてるんだしピッタリじゃん! なんて

日本では使い道ないよな・・・・と思ってたら、 家族がクリーニングに服を持って行く際に
使ってました。 やっぱりそこなんだ

ManikOrganikManikOrganik

早速 この帰り道にランドリーで受け取った大量の洗濯物を詰め込んで帰りました。
バリでも これで歩いてるのちょっと恥ずかしかったかな
かなり大きくて この柄だから 相当目立つバッグでした・・・・。

縫製は意外としっかりしてます。 生地 (?) は2枚重ねになっていて案外丈夫そう。
内側を見ると パッケージの後ろ側 (使用方法や成分表示などの面) が使われてて
さりげなく凝ってる作りに感心しました
ManikOrganik

他のバッグも写真に撮ってくれば良かったのに、この写真しかありません。
ManikOrganik
よくわからないと思いますが、写真真ん中の棚に何種類か写ってます。
形も色々あって 物によってはタウン使いもOKなのかも。

このパッケージ再利用のバッグは ここでなくても あちらこちらで買えます。
作りがしっかりしてるかどうかチェックはした方がいいと思います。

モルトやテボトルなど バリならではのパッケージ使いが多いので
バリ好きが高じちゃった人はコレクションアイテムにどうでしょう?

Manik Organik
Jl. Danau Tamblimgan 85, Sanur
TEL (0361) 8553380
Ritual Alami

スポンサーサイト
2010.09.10 22:11 | 日用品・雑貨 | TB(0) | コメント(12) |
バリでブランドとして確立し あまりにも有名なジェンガラ ケラミック
食器類ではその名を不動の物としています。
有名・高級ホテルでも採用してる所が本当に多く とにかく目にする機会が多い。
JenggalaKeramik
西洋と東洋の融合。
バリの自然をモチーフにした フランジパニやロータス、バナナリーフなど多様なデザインに
色も豊富で 好みに合った物を見つける楽しさがありますね
波打っていたり変わった形をしていたりなどの 独特のフォルムが多いのも魅力。

ジンバランにショールームがあり 工房やカフェを併設しています。
ジェンガラを楽しみたいなら是非とも本店に足を運びたいものです。
スミニャックのマデスワルンでも購入可能だけど数はすごく少ない。

でも 今回は正規店ではなくアウトレットの話です。
JenggalaKeramik
クタのサンセットロードにあるホームウェアファクトリー
色ムラがあったり欠けがあったりして正規に販売できないB級品を扱ってます。
ジェンガラの名は掲げていないのでわかりにくいですが
ジェンガラのアウトレットショップとして人気で観光客も多く訪れる店。

JenggalaKeramik

元々ワタシは食器に興味がない人間なので ジェンガラも特別何とも思ってませんでした。
とりあえず有名な物だからと 以前も見には行ったのですが 欲しい物もなく
いまひとつ その魅力がわかりませんでした。
食器なんて興味ないし?って気持ちがあるからまともに見てなかったんだろうな
今回は買う気を持って友人と行ったので アレも可愛い コレもいい! と盛り上がりました。

本店のドル表示に対して アウトレットはルピア表示。
もちろん正規品に比べて安くなってるけど そこから更に割引があります。

JenggalaKeramik
色別に並んでるので見やすい。
ヴィヴィッドな赤や青なんて食器では珍しい、 けど 可愛い。

JenggalaKeramik
渋い黒、 使いやすい白。
でも ジェンガラといえば やっぱりグリーン系かな。
JenggalaKeramik
バリらしさを一番感じる色です。

JenggalaKeramik
本当はピンクが一番欲しかったんだけど ピンクは品薄。
JenggalaKeramik
とにかく積んじゃえ状態で この中からお気に入りを探し出すのが楽しいです。
さらにそこからムラや欠けがあまり気にならないキレイな品を探します。
なので 同じ物を何枚も欲しいとか カップとソーサーなどセットでとなると
少々難しくなってきます。 気に入る物が揃ったらラッキー!くらいの気持ちで行くべし。
JenggalaKeramik
アウトレット品にはジェンガラの刻印がないので こだわるなら正規店に行った方が良い。
アウトレット品はジェンガラとして認めないスタンスというよりは
最後の刻印段階まで残れなかったB級品が多いということなのでしょうか。
最終段階まで残ってその後はじかれた品には刻印があるだろうけど稀です。

完璧な品や新作を求める場合や 同じ物を何枚もって人も同じく正規店へGO!
そういうの気にしないとか 普段使いだから?!ならアウトレットでも十分。
JenggalaKeramik
フランジパニの皿はけっこう数がありました。
以前行った時はほとんどなかったので アウトレットだけに品揃えは運次第です。
ジェンガラ買うならフランジパニ!と思って行ったのに見つからなかった数年前。
アウトレットショップにはフランジパニはないのか、そういうもんなんだなと
それから敬遠してましたが きっとたまたまだったんですね
JenggalaKeramik
けっこうな枚数あったおかげで 状態の良い物を選んでも数枚購入できました。
JenggalaKeramik

帰りの空港でジェンガラの袋を持ってる人も多く見ますよね。
選んでるとアレもコレもってなっちゃうから 気づくと買い過ぎちゃいますが
重いので帰国時の重量制限も念頭に置いて買い物をしましょう。
ワタシも 「食器なんてやっぱ買うんじゃなかった」 と パッキング中に後悔しましたよ
でも 使ってみるとやっぱり可愛くて かなり気に入りましたけどね

お店で紙で包んでくれますが簡易的なのでそのままだと不安です。
割れ物を買って帰る予定の人は日本からプチプチなどの梱包材を持参するのも
良いですね。 ワタシは宿泊先のホテルで梱包してもらえて助かりました。

アウトレットはもう1軒 サヌールのダナウタンブリンガン通りにあるグダンケラミック
ハーディーズの向かい側。 カフェバトゥジンバールの並びです。
JenggalaKeramik
クタよりも暗くて若干倉庫っぽい雰囲気。 入っていっても誰も出てきやしない
どちらも店員はやる気満々な感じはないので のんびりと物色ができます。
JenggalaKeramik
サヌールの方がアクセスが楽ですが 雰囲気や品揃えではワタシはクタの方が好き。

気に入っちゃったら好きなデザインと色を欲しい枚数揃えたいし
今度は買う気を持ってジンバランのギャラリーに行ってみようかなと思いました。

☆ワタシが購入した物は More からどうぞ☆
2010.01.10 15:27 | 日用品・雑貨 | TB(0) | コメント(16) |
バリの香りを日本でも感じられる代物として モルトはバリリピーターさんに絶大な人気を
誇っていますが バリの香り物としてもうひとつ。
芳香剤のSTELLAです。
Stella
ツアーやお迎えの車で、 エレベーターの中で、 何処かの部屋で、
ふと良い香りが漂ってきて おやっ?と思ったことはないですか?
さすが 癒しとスパの天国バリ! そこかしこでアロマにも気遣ってるのね?!
っていうわけでもないような・・・・・

正体はこんなお手頃な芳香剤。
エアコンの吹き出し口に 袋のままぶら下がってるのを見たことある人も多いはず。
Stella
日本の芳香剤は入れ物もかなり凝ってますよね。
バリではとっても簡易的で このまま置いてもぶら下げてもイイわけです。

ってか、 エアコンの吹き出し口って引っ掛けるようなとこありますかね?

基本的に日本の芳香剤と変わりないと思います。
ただ そのまま袋に入ってるってだけ。 超お手軽包装。 見方によってはエコ?
Stella
写真のものは オールインワン Rp7.500 (カルフールで)。
他にも クローゼット用、 バスルーム用、 エアコン用、 などなど
用途別にかなりの種類があって わけがわかりませんが。
結局は 何を何処に使っても良いんじゃないかと。。

売り場にはサンプルがあるので香りを試せるし
どっちにしても包装が完璧じゃないので普通の売り物も香りがわかったり。
あれこれ比べてるとクラクラしてきます
Stella
とにかく種類が多いです。
「柔軟剤=モルト」 のように ステラは芳香剤の代名詞のよう (と ワタシは思う)。
何も芳香剤までバリで買って来なくても・・・・って感じですが。 w
日本でバリを感じるアイテムのひとつにコレもアリじゃないかしら

2009.07.18 01:34 | 日用品・雑貨 | TB(0) | コメント(16) |

Calendar

05 | 2017 / 06 | 07
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。