mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
以前から時々お邪魔しているブログ バリコラさん。
今回リンクをいただいてきました。

ちょっと前ですが バリコラさんの記事に バリで服を作るってのがありました。
それを見たワタクシ 何を思ったか 突然服を作りに行ってきました
バリでの過ごし方もパターン化してきちゃうので ちょっと変わった事をしたくなったわけ。
自分の体系にあった 自分好みの服を 格安にオーダーできるとなれば
試してみないわけにいかないでしょ

そんなこんなで 行ってきました。 デンパサールのスラウェシ通り。
Jl.Sulawesi
デンパサールらしく ゴチャゴチャして 活気づいた所でした。
アジアの街って感じがします。

ガジャマダ通りと交差した道で パサールバドゥン近く。
生地問屋が軒を連ねる通りです。見渡す限り 布・布・布
Jl.Sulawesi
こんなお店が ずら?っと並んでます。
今回はクバヤではなく 普通の洋服が目的ですが
クバヤ用の綺麗な生地がたんまり。 こんなにあったら選べないでしょ?
Jl.Sulawesi
置いてる物は何処も同じじゃないの!?なんて思ったら とんでもない。
気に入る物が見つかるまで ひたすら歩く 見る。
けっこう根気のいる買い物です (あちこち見て歩くの苦手なんで
Jl.Sulawesi
何軒も見て 最終的に決めたのはここ

生地で埋め尽くされた店内。 人が歩くスペース少なすぎ
Jl.Sulawesi
クバヤの生地なら何処でもすぐ見つかりそうだけど 洋服用となると思った以上に大変
自分好みで 日本でも着れそうな柄。 暑くなく シワにならない。 洗濯機で洗える素材。
・・・・なかなか見つからないもんです。

あり過ぎて選べなくて困っちゃう? ・・・・・を 想定してましたが 意外にない。
条件に見合った生地を やっとこ1枚ゲット
生地の金額は物によってピンキリでしょうが、 購入した生地は 2mで Rp.40.000也。

次回 仕立て編へ続く

スポンサーサイト
2007.03.28 23:52 | 服飾 | TB(0) | コメント(6) |
カンビン (山羊) は できれば食べたくないと書いたはず。
そう・・・・ちょっと苦手なんです

鳥・豚・牛 以外の肉は 食べ慣れないせいなのか
(美味しくないとか 口に合わないってことではなくて)
食べてる間に 山羊やアヒルが 脳裏を元気に横切って行くんですよぉ
それで うぅっっ と きてしまう。

そんなわけで遠慮してるのですが・・・・・・
ワタシのお目当てはこちら
ManalagiImran
グレ カンビン

このグレが大好物なんです。 カレースープといったところでしょうか。
グレといったら やっぱり カンビンでしょ。
だから 山羊は嫌でも 食べに行ってしまうわけです..... エヘヘ

ManalagiImran
Manalagi Imran
デンパサールのトゥクウマル通り ←携帯屋だらけの賑やかな通りです。
ワタシはこの通りが大好き
ローカルな食べ物屋さんも多く アジア?ンな雰囲気ムンムンです。
看板見てるだけでも面白いし。 ゴチャゴチャした感じがたまらない

流れ作業でサテ作りをしてました?
ManalagiImran
客が食べてる横でやってるんですよ。 珍しいですよね。

ManalagiImran
カンビン屋さんなので サテも注文。 臭みも全くなく 美味しいんです
ただし ワタシは 一本いただいてギブアップ
グレのスープだけを ご飯にかけかけ食べてます。
貧乏くさっ(笑)

グレのスープだけで幸せなんですもの?
(ここも美味しかったけど ティアラデワタ フードコート のグレの方が好みでした)

お店入った時には気付かなかった。食べてる時も背中向けてて気付かなかった。
振り向いてビックリ

ぎょえ??
ManalagiImran
こうして吊るして肉を剥ぐそうです。
カンビン屋といいつつ 偽者肉(犬とか) 使ってる所もあるそうで (滅多にないだろうけどね)
これなら本物確実ですね

Manalagi Imran Warung Sate & Gule Kanbing
Jl. Teuku Umar 118
Denpasar

2007.03.24 22:05 | 他エリア | TB(0) | コメント(4) |
クタの超有名ワルン NIKMAT
やっと 行ってきました?
Nikmat
以前 写真で見てたのと 垂れ幕(?)や 柱の色が微妙に違うのだけど
ここが偽者・・・ なんて?ことはないですよねぇ? (笑)
バリでは 流行ると何でもパクる習性がありますからね 油断禁物。

それはさておき・・・・・
さすが  混んでましたわ?。
Nikmat
店員さんが何人かいるので 自分の為にお皿を持ってくれた人に
希望のおかずを指示していきます。

が、大混雑でゆっくり選んでいられない
アヤムカリーだけは 頼んで入れてもらったけど
焦って どれが何だかわからないまま 「それ」 「これ」と 適当に指差し。
そんなこんなで出来上がった マイ ナシチャンプル。
Nikmat
いまいちでした。
やたらヘルシーなナシチャンプルになってしまったせいだと思います
くぅ? もっと じっくり吟味して選びたかった・・・・・
Rp.8.500也。

Nikmat
欧米人も日本人もローカルも 多人種集まって食べてます。

Nikmat
もらった値段の札を持って 会計はこちらで
次から次へと 人が出入りする 人気ワルンでした

バクンサリホテルの並び。
バクンサリ通りから小道に入って行くか
ラヤクタ通りを ベモコーナー側から歩いて行くと
スーパーノバより手前の小道を右に入って行きます。

Calendar

02 | 2007 / 03 | 04
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。