mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
レンボガン島へは サヌールから30分?1時間 (船の種類による)
各社からクルーズが出ています
ただ行くだけじゃなくて、いろいろなアクティビティがセットになってる。
レンボガン島沖で遊んで帰るデイクルーズもあれば 島に泊まるパッケージもあり。
LembonganCruise
ワタシのチョイスは アイランド エクスプローラー クルーズ。
Island Explorer Cruises

ブノアハーバーって、てっきりヌサドゥアのタンジュンブノアだと思ってたよ
ものすごい勘違い えへへ・・・
サヌールのブノアハーバーだって。 そりゃそうだ。 サヌールから行った方が近いよね
LembonganCruise
右に見える黄色いのは ボンティクルーズ。 ロンボクまで行くそうな。
ワタシが乗るのはこっち  お隣の方がカッコ良く見えるんだけど
LembonganCruise
ま、こっちも悪くないねっ

お天気もなかなか。 風も強くなさそうです。 揺れるのは怖いし?
LembonganCruise
予定通り出発? バリよ、さようなら?
LembonganCruise

1階の客室はこんな感じです。
けっこう快適
LembonganCruise
でも デッキの方が気持ち良いので ずっと上にいました。
出発してすぐに コーヒーや軽食が出ます。
朝ご飯食べる時間なかった人には嬉しいね
LembonganCruise

LembonganCruise
レンボガンに近づいても すぐ島には降りません。
これはムティアラヴィラかな!?





島からちょっと離れた所で アクティビティの開始。
前もって予約すればダイビングへも行けるみたいだし 島へ降りて島内ツアーもできる。
LembonganCruise
これはボンティの遊び場だったかな。 スライダーがけっこう本格的。
ウチはこっち しょぼい
これはお子様用で 一応 船にも小さいスライダーはついてたと思う。。
LembonganCruise
泳げないので 基本 海が怖いワタシは 最初はビビッてたけど
せっかくだからと バナナボートや シュノーケリングにも挑戦。
レンボガンは バリ本島と比べると 海がキレイ。
シュノーケリングも ちょっと顔つければ見えました
ただ けっこう波があるのでもまれまくってしんどかった。

グラスボートは 底がガラスになってる船で その辺をグル?っと見物。
LembonganCruise
LembonganCruise
レンボガンに滞在したくてクルーズに乗っただけのワタシ。
アクティビティは どうでも良かったけど なにげに楽しんじゃった

アクティビティの合間に ビュッフェスタイルの ランチタイム
LembonganCruise
ビールは別料金です。
腹ごしらえした後は またしばしアクティビティを楽しめます。
LembonganCruise
参加してる人たちも様々な人種で (日本人はいなかった)
とても楽しめました
帰りが大揺れだったのには参りましたが

スポンサーサイト
2007.07.31 23:01 | 遊ぶ | TB(0) | コメント(7) |
バリでライステラスというと 必ずと言っていいほど出てくる テガララン。
田んぼは あちこち見たけど 田んぼにウンチクはいらないっしょ。

テガラランは やっぱ良いっ

Tegallalang

そんなわけで 今までテガラランで撮った写真や動画をまとめてみました。

初バリから通ってるお気に入りの場所 テラスパディカフェからの風景のみ。

動画は別ブログへ移動しました
テラスパディカフェの 動画は ここからどうぞ

最後に行った時に 新しく建物を増やしてましたが
今は2つのレストランに分かれたらしい話も。

2007.07.29 23:54 | 田んぼ | TB(0) | コメント(4) |
バンリ県にある Penglipuran
プンリプランなのか パンリプランなのか よくわからないですが

メインストリートで 両側にキレイに家が並んでます。
Penglipuran
懐かしいような雰囲気を感じる村。
(って言っても ワタシはそんなに古い人間じゃないけど

あるお宅の敷地内にある割れ門。
Penglipuran
それぞれの家に番号がついていて、順番だかクジだかで観光客を家に呼べるのです。
家を見学させることで収入になってるわけだ。
Penglipuran
そんなわけだから 写真も ばんばん撮らせてくれる。

どの家に当たるかで 印象もガラッと変わる気がするけど
ワタシがお邪魔した家は 狭くて お世辞にもキレイと言える家ではなかったです。
(というのは ガイドさんの言葉です)

台所。 釜が年季入ってますねぇ。
Penglipuran

寝室(?) とっても狭いスペースで おじいちゃんがお昼寝してました。
それでも 入っていったら歓迎してくれた
Penglipuran
一体いつの?って感じの 年代物ラジオが可愛い

家に土産物が置いてあって いろいろ勧められます。
特別欲しい物もないので お断りしましたが
家を見せてもらってお金を落としていかないのも申し訳ない気がして・・・・
Penglipuran
お菓子買いました。 笑

Penglipuran

メインストリートの突き当たりは お寺。
Penglipuran
この写真たちは 約1年前のです
それでも 今も全く変わりない風景があるんでしょうね。
Penglipuran


2007.07.25 22:42 | その他 | TB(0) | コメント(4) |

Calendar

06 | 2007 / 07 | 08
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。