mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
日本では すっかり主流になったカルジェル・バイオジェル。
バリにカルジェルを出来るネイルサロンは ないに等しい。
希少なカルジェル可のサロンのひとつが レギャン通りにある Sari Ratu
(ちなみに ウブドでは Ange Angeもカルジェルを始めたそうです)
SariRatu
レギャン通りのつぶれたマタハリの向かいに小道があるので そこをズンズンと入って行く。

とっても小さいサロンで イスは2つだけ。 なので 予約をしていった方がイイです。
SariRatu
日本でネイルサロンに行ってて 毎回感じてたのは 「気まずい・・・・・」
超至近距離で向かい合い 顔を突き合わせてる状態だから なんかねぇ?
美容院でも無駄にお喋りされるのって結構苦手で
でも ネイルサロンだと 終始無言では 気まずいムードに なんだか疲れるし。
(そう感じてるのはワタシだけかもだけど)

でも ここみたいに 横に座ってやってくれると それだけでリラックスできる。
イスも座り心地良くて 眠くなっちゃうわ。 手を触られてるのって かなり眠気を誘うもの
SariRatu
ネイルって本当に時間がかかる。 だから退屈なんだよねぇ。
前から手をつかまれてるって全く身動きできないし。 ひたすら ぼけら?。
そういうのもあって 日本ではネイルサロンに行かなくなって ずいぶんと経ちます。
昔は 自分でもアートしちゃうくらい好きだったのに ここ数年は全くご無沙汰だった。
SariRatu
ここでは DVD鑑賞もできるので 暇つぶしもできて なんてイイ システムなんだろ
日本も こういう風にしてくれたらいいのになぁ。
映画のDVDもあるはずなのに 何故かここで流されたのはセリーヌディオンのPV集。
あまり 好みではないんですけどぉ
映画の中途半端なところで終わられるのも癪だし 暇つぶしだし まっ いっか
スタッフの子は PVに合わせて歌ったりしてご機嫌だ。 もうお任せしますわ。
SariRatu
ワタシの大好きなOPIもあるし なかなかイイ感じ
カルジェル 1本 Rp28.000? アート 1本 Rp5.000? と 日本に比べると本当安い。
アートのサンプルもいっぱい。
バリにありがちな 9割以上が花というのは ここも例外じゃなかったですが。
SariRatu
UVライト2台使用、 スタッフも2人使用で、両手同時進行なのは助かりました。
しかし 塗ってはUVライトを何回繰り返したか覚えてないくらい 長かった

ここでは 長さを足す方法は出来ないので 自爪の長さそのままでしかできません。
直前に何本か折れたりで ちょっと不揃いなのが イケてない
そりゃ当然 自分のせいです。

ワタシは ケア付きカルジェル Rp32.000×10本。
それにプラスして ラメ Rp5.000×10本 と 3Dアート Rp15.000×3本。
TAX5%を足して トータルで Rp435.750。
SariRatu
事前にインターネット予約をして行くと 20%オフ。
もちろん ワタシも日本からネットで予約していきました。
当日になって間に合わなそうだったので 日本語ダイアルへ電話をし翌日に変更。
快くOKしていただき 無事に施術できたわけですが。。

だいぶ経ってから気づいたのです。
20%オフされてないじゃん
その場で気づかなかったワタシもアホです
すぐ電話すれば良かったけど 短いバリ滞在では やる事いっぱいでそれどころじゃない。
予約日を変更したら 現地予約扱いなのかしら? と 帰国後もなんだか腑に落ちない。。
今さら返してとは思わない。 ただ確認したい意味で メール問い合わせをしたのですが。
何度かメールしたものの 結局 回答は来ずじまい
これさえなければ 特に不満もなく 高評価だったんだけどねぇ。 残念
SariRatu
よくよく見ると 際が曖昧だったり、 1週間くらいで 3Dがポロポロ落ちてきたり
でも この価格で これなら ワタシ的には満足な仕上がりでした sc02
(但し、 20%オフされてたらの価格の意)

もし ネット予約して行かれるなら 20%の割引がされてるか支払い時に確認しましょう

Sari Ratu
Jl. Legian, Kuta, Bendesa No.3
TEL (0361) 757 604

スポンサーサイト
今回 タイとマレーシアにも足を延ばしたわけですが。
タイ経由 (タイ航空) マレーシア経由 (マレーシア航空) で バリ入りも もちろんアリ。
でも 特典旅行で 日本-バリ 往復JALが取れたわけで。
ならば バリ滞在中に行ってしまえ と使ったのが Air Asia
(注: ウェブサイトに日本語表記はありません)
AirAsia
ここでは バリのネタしか書かない事にしてますが バリ発着もしてる航空会社だし
バリから使うことになる人がいるかもしれないのでね

LCC (ローコストキャリア) で、 日本語でいうと 格安航空会社 または 低コスト航空会社。
とはいえ あなどれませんよ。
最近 アジアを主に ガンガン成長してる航空会社です。

拠点はマレーシア。
マレーシアエアアジア、タイエアアジア、インドネシアエアアジアとあります
今回 ワタシが乗ったのは 全てマレーシアエアアジア。

バリから直に行けるのは ジャカルタ クアラルンプール コタキナバル クチン
現在のところ 4都市ですが おそらく今後増えることでしょう。
(バリ - コタキナバルは最近就航したばかりです)
AirAsia
チケットの購入は ウェブサイトかオフィスに出向くか。
なので 日本からでも購入可能です (クレジットカードで)。
金額は購入する時期によっても違うし。 同じ日でも 時間帯によって全然違ったりする。
昨日と今日では金額が変わってることも多く、 こまめにチェックするのがイイです。
でも 出遅れると 高くなっていく。

乗り継ぎに関しては一切関与しませんって方針なので
トランジットに必要な時間は自分でしっかり計算しないと危険。
どんなに無理な乗り継ぎチケットでもウェブで買えてしまうのです。
乗り継ぎっていっても、 それぞれの区間を別々に買うことになります。
ディレイして乗り継ぎに間に合わなくても 払い戻しもないので 余裕を見て購入すべし。
AirAsia
今回のワタシの場合でいうと
バリ-クアラルンプール往復が 約2万円
クアラルンプール-バンコク往復が 0円
なんで 0円って、 フリーシートキャンペーンってのをよくやってて。 要するにタダです
これは 単純にチケット価格なので、 燃油サーチャージや空港税を入れると結構かかる。
総額でいうと
バリ-クアラルンプールが 約2万8千円
クアラルンプール-バンコクが 約9千円
それでも 安っ

日本人には馴染みがない航空会社ですが、 バリから乗るにも もちろん通常通りです。
AirAsia
コスト削減のひとつ。 搭乗券が紙切れ。
レシートみたいな ちゃっちい物ですが 決して捨てないように。
AirAsia

バリから乗る時はボーディングブリッジを使用。
残念ながら 乗る度 雨ばかり
AirAsia
機内は 思っていた以上に快適。 安いから危惧していたけど これなら 全然アリ
3 - 3 のシート配置。
AirAsia

コスト削減その2。 機内食がない。
ないって言っても 飲まず食わずで過ごせという事ではなく 欲しい人だけが買う。
なかなか 合理的なやり方だと思いました。
AirAsia
新幹線の車内販売みたいな感じかな。
ワゴンで回ってくるので その場でお金を払って購入します。
バリ-クアラルンプール間は ルピア・リンギット・ドルが可能。
クアラルンプール-バンコク間は リンギット・バーツ・ドルが可能。
フライトアテンダントは大変そうだけどね。 あまり人数もいないし。
ちなみに 制服が真っ赤で イケイケで (死語?) 可愛い 美人が多かった

AirAsia

AirAsia

軽食でスナック感覚な物がほとんどですが けっこう美味しくいただけました。
AirAsiaAirAsia
マレーシアらしく ロティチャナイ&テタリックが なかなかの美味。
インスタントだけど。w
インドネシアらしい物はありませんでした。 インドネシアエアアジアなら あるんだろう。

クアラルンプール-バンコク間でも しつこく テタリックを飲むワタシ。
AirAsia


AirAsiaAirAsia
カップヌードルを頼むと CAが お湯を入れてきれくれる。
なんだか すごいぞ エアアジア

到着後の機内清掃をいち早く済ます為に ゴミは早め早めに回収します。
30分程度で 次の目的地に向けて出発とかあるそうな。
なので 食事等で出たゴミは 回収時に渡すなり、 回収後なら呼ぶなりして
清掃にも協力してあげましょう。

機内販売でエアアジアグッズも売ってます。 けっこう商売上手だねっ。
AirAsia

男性も 黒に赤が効いた制服でカッコイイ。
AirAsia
このお兄さん 爽やかでイイ感じだった

そして すごいことに自由席です。笑
オプションで エクスプレスボーディングというのを購入すると (往復千円ちょっと)
優先搭乗できます。 飛行機だけに座れないって事はないので 問題ないけどね。
自由席だからか 乗客の集まりがとってもイイ。
AirAsia
これはマレーシアのLCCT

搭乗時間前からほぼ全員揃ってんじゃないかって感じ。
おかげで 全フライトが定刻通りでした。 ディレイが多いって聞いてたんだけどなぁ。
出発も到着も 毎回定刻で その度感動してました。
マレーシア→バリの出発が一度ディレイしたものの到着は定刻。 素晴らしい

搭乗準備のアナウンスが流れた途端に 我先にと列を作ります。 それが怖い
ワタシはエクスプレスボーディングを買ってたおかげで 並んでる人を尻目に優先搭乗
この瞬間は たまらなく快感!!
優越感を感じたい人には エクスプレスボーディングをお勧めします。
出発時刻の30分前には待機してないといけないんだけどね。
アナウンスがかかった時にいないと台無しです。
AirAsia
マレーシアでは 全てタラップを使用します。 これ一度やってみたかったんだよね
AirAsia
マレーシアでは KLIA (クアラルンプール国際空港) ではなく
ちょっと離れた LCCT (ローコストキャリアターミナル)
凄い数のフライトがあります。
実質 エアアジア専用って感じです。 2年前にできたばかりのターミナル。
あまり店がなく 退屈だけど、 思ってたより快適だった。
AirAsia
日本への就航計画も噂されてるようで。 成田や関空は難しいだろうけど。
もし実現したら日本から超格安で海外に行ける日が来るかも。

AirAsia
タイは 他社と同じで スワンナプーム国際空港です。

キャッチコピーは Now Everyone Can Fly
今まで飛行機なんて使えなかったアジアの低所得層までも取り込もうというもの。
飛行機で外国への旅が 今までより身近になるならイイことですね。
AirAsia
今のところ事故の話は聞いてません。
このまま価格同様 安全面も保っていって欲しいもんです。

今は日本はまだ無縁だけど。
バリから何処かへ行く際にでも。
オープンジョーで行き帰りを別の国にして エアアジアで繋ぐとか (逆に高くつくかな)。
アジア (+オーストラリア) を旅するには なかなか使える航空会社です


追記 (2010年9月)
ついにエアアジアXが 日本 (羽田) 就航を発表しました。
格安で 羽田 → クアラルンプール → デンパサール が実現ですね

このエアアジア搭乗レポは 2008年3月時のものです。

2008.04.25 01:59 | その他 | TB(0) | コメント(10) |
石鹸嫌いのワタシを石鹸派に変えたということで エコバリ石鹸を先に紹介しましたが
バリのナチュラルソープを語る上で 外せない。 というか
やっぱり まず ここからでしょってのが Burat Wangi の石鹸。
バリには 観光客向けにナチュラルを謳った石鹸が溢れてるけど
ここが先駆者といっても過言ではない、 はず。
始まりは 販売目的ではなかったそうです。
BuratWangi
日本では MASACO石鹸 の名で知られています。
マサコさんという日本人女性が始めた石鹸で MASACO石鹸は日本輸出用の商品名。
バリでは ブラットワンギです。

って あまりに有名で、 バリ好きさんやバリに行こうと調べてる方は 大方 知る名前ですね。

ワタシも最初は デルタデワタで購入しました。
当時は石鹸嫌いで 合わないと感じたものですが 今は平気だから不思議。。
BuratWangi
スーパーでも良いけど 大量に買いたい方や興味のある人は 工房に行ってしまうのも手。
ウブド中心から歩ける距離です。 ちょっと疲れるけどね
マンガマドゥワルンミナのある通りを ず?っと進むとあります。
この看板から小道を登って さらに先。

なかなか素晴らしい 田んぼビューを拝めます。
BuratWangi
この為でも来る価値あるかなと、 田んぼオタクなワタシは思う
BuratWangi
この田んぼの真ん前に工房は建っています。
BuratWangi
建物が2つあり 石鹸の製作過程は残念ながら見学不可。
見れるのは カットしたり乾かしたりしてる工程です。
BuratWangi
入口から入るとすぐに スタッフが揃って石鹸カットしてる場所。
和気あいあいと お喋りしながらで楽しそう
購入希望の人は2階へ上がります。
BuratWangi
既にラッピングされ陳列されてるんですが 同時に乾かしてるのも見れて これがすごい。
大量に並んだ 石鹸 石鹸 石鹸の数々。
BuratWangi
商品棚で売り切れになってる商品は 乾かし途中の物からも購入できました。
その代わり 「あと○週間は使わないでね」 と念押しされた上で。
ちゃんとラッピングもしてくれて 成分の書かれたラベルも貼ってくれました。

ちなみに 奥の棚は KOU石鹸らしく ここでの購入はできません。 見るだけね。
BuratWangi
スタッフが一人 2階について来て あれこれと世話してくれます。
でも しょっちゅう居なくなる。 これじゃ こっそり持ってく人が居てもわかんないんじゃ
もちろん そんなあくどい事 ワタクシはいたしませんよ。
BuratWangi
商品陳列スペースは かなり狭い。
さすがに お茶とか出てきたりはないですが (笑) イスもあって ゆっくり選べる。
日本語の説明書きも置いてありました。
BuratWangi
この時も 品薄というのか 在庫ナシの商品が多かった。
だから 乾かし途中の棚から物色しまくり。
もしワタシが触った石鹸を購入しちゃった人がいたら すみませぬ
BuratWangi
切れ端を集めて詰め込んだタイプもあって お得買いが可能。
微々たるものだけど 当然ながらスーパーより少し安い。
ブラットワンギというと 見た目シンプルなイメージがあった。 でも こんなんもありました。
BuratWangi
購入品が決まったらお会計。
奥の水色の彼女が一生懸命 計算中。
BuratWangi
手前の人たちがカット&ラッピングしてるのが KOUの石鹸のようです。

本当に手作りで 作ってる。 一体 一日に何個作るのか・・・・・
ラッピング済みの品々が大量
BuratWangiBuratWangi

購入した物は 一番安い物で Rp8.100。 一番高いのが Rp25.000。
日本に居ながらの購入は大変高くつくので ウブドに行った際に まとめ買いしときたい。

一般的に ナチュラル石鹸に対して言われることですが
本当に天然素材の物は できれば半年以内くらいには使った方がイイらしい。
(物によって違いはあり 1年とかOKなものもあるみたいですが)
あまりの買い過ぎには注意。
BuratWangi
2階からの景色も必見です
石鹸選びに 田んぼ鑑賞に 大忙しったらありゃしない
BuratWangi
ココナッツ石鹸とも呼ばれ その名の通り 原料はココナッツ。
ココナッツから取ったオイルやクリームを主成分としています。
泡立ちが良く もったりとクリーミーです。
ココナッツのせいかまだよくわからないのですが ワタシは少々ピリピリ感を感じる物が多く
もっぱら体専用として使ってました。 これには個人差があると思われます。

BuratWangi
ココナッツクリームソープ

ブラットワンギ ソープの香りには エッセンシャルオイルを使ってる物が多い。
エッセンシャルオイルは 精油とも呼ばれ 天然植物から抽出された物です。
フレグランスオイルは合成の物も混じってます。
香りは フレグランスオイルの方が強くて イイ感じに思うかもだけど
天然にこだわる方は エッセンシャルオイル使用の物をお勧めします。

BuratWangi
ココナッツソープ

工房まで足を運んだのは この時が初めてだけど面白かった
石鹸好きとなった今のワタシには興奮ものでした。
同じく石鹸好きさんには お勧めです。

Burat Wangi
Geriya Abian, Br Ambengan
Peliatan, Ubud
TEL (0361) 974 125

meroさんが再レポされています。 改装されたようですね?。
工房前のフサフサ田んぼも見られますよ。
田んぼに浮かぶ工房?Burat Wangi

2008.04.23 01:00 | 石鹸 | TB(0) | コメント(14) |

Calendar

03 | 2008 / 04 | 05
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930---

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。