mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
7月15日に ウブドの王族チョコルダ家と村の合同火葬式が行われ
今世紀最大とも言われたほど 大きいセレモニーでした。
バリ関連のウェブサイトやブログ あちらこちらで取り上げられてるようなので
日本に居ながらも写真や情報をいっぱい目にする事ができたと思います。
ubud_ngaben
遅ればせながら。。 実はワタシも見てきました
ガベン (火葬儀礼) は 以前にも見学したことがあって (規模が全然違うけど)。
今回 特別これを見たいからってわけではなかったんです。
たまたま 都合上 ウブド滞在がぶつかってしまったので ならば見ていくか・・・・という感じで。

世紀の大イベントであり、 これを見る為に渡バリした人や
他エリアからウブド入りした人も多いわけで ワタシはなんとテキトーな心構えなのか
バリでセレモニーを見学するのは好きなので もちろん喜んで!ってとこですが。。
反面、 不便も多かった・・・・・ よりによって ウブド中心に14日イン15日アウトという
どう考えても これが見たかったんじゃ?という日程。w かなり無謀だった
ubud_ngaben
で、 これも 本当にたまたまなんだけど 今回泊まりたかったのが スウェタ通り。
スウェタは王宮から北に上がっていく道で まさにこのセレモニーの中心地で出発地点。
準備もここで続けられてて 王宮寄りの道は通行止め。
その為、 ホテルのトランスポートも ここから先 ウブド中心に入っていけず。
実際には カジェン通りへの迂回は可能だったんだけど 中に入っても混雑だし
常に 送りも迎えも このスウェタをちょっと北へ上がった所でした。
わかってて覚悟はしてたんだけどね。 まあ 仕方ない。

何度も この辺りを歩いて往復し 後ろから前から準備風景を眺めながら通り過ぎました。
イブオカ前辺りは もの凄いことになっていて。
この日は 翌日に式を控え 準備も佳境に入っていました。
ubud_ngaben
とてつもなく 大きい物が建ってるよ!
人の手で作ったとは思えないほど 圧倒されるスケール!!
ubud_ngaben
アミューズメントパークのアトラクションか!?ってくらい。
階段の上にいる人で 大きさがわかりますかねぇ?

これは遺体を運ぶバデというもの。 (王族になると呼び名も違うみたいだけど)
ひとつ (上の写真) は スウェタ通り側にあり、 ひとつはラヤウブド通りに出ていて
ちょうど メル(屋根)を取り付ける場面に遭遇しました。
ubud_ngaben
尋常じゃない作業ですよ
こういう時 バリ人って本当すごいわと感心する。
ubud_ngaben
何層にもなったメル部分だけでも相当大きく重そう。
これを大勢で運んできて 階段を使って担ぎ上げ 組み立てる。
ubud_ngaben
下で見物してる観光客たちもハラハラドキドキ見守ってます。
メルが立ち上がった時には歓声と拍手が起きました。 ちょっと感動
ただ見てるだけで何もしてないのに 観客一同一体感を感じちゃったりして
本当にくっついた! 地上何メートルもある場所での作業です。 凄すぎる。
ubud_ngaben
完成したようなので その場を離れました。
この為に来てたら ずっとへばり付いていただろうけど
短いウブド滞在。 やりたい事は他にもいっぱい。
ubud_ngaben
ラヤウブドを少し西へ進み振り向いてみた。
とにかく 王宮前は大混雑でした。
ubud_ngaben
棺桶の役目があり 燃やす時に遺体を入れるもの。
これも相当大きく よくできてる。

しばし王宮前を離れ 散歩して戻ってくると ダラム寺院前辺りで行列に遭遇。
ubud_ngaben
ウブド散策時にビデオカメラまで持ったら荷物になるだろうと
部屋に置いてきたのが悔やまれます。 撮りどころ満載だった
デジカメの動画撮影機能を利用したけど 物足りなかった
ubud_ngaben
この行列がまた長い!
準備にしても 行列にしても 道幅いっぱいに使い 他の何より優先ですから。
それを見物し追いかける観光客がまた多く、 ラヤウブドとスウェタは大変なことに。
ubud_ngaben
そうなると モンキーフォレスト通りも渋滞です。
ubud_ngaben
でも 前日の混雑など まだまだ甘いものでしたわ
当日の様子をご存知の方も多いと思いますが 本当に死ぬかと思った。
こんなバリ こんなウブド 見たことない
これほどに大きなイベントを目前に体験できたこと 意図しなかったとはいえ良かったです。
ウブド挙げての ど派手なこのお祭りが 日本でいうお葬式 (というか火葬式)
っていうのが、 バリのガベンを知らないとビックリしてしまうところですよね。
なんで こんなに楽しそうなの!?みたいに
ubud_ngaben
こんな小さい写真では このスケールはあまり伝わらないかもしれませんね。
ubud_ngaben

デジカメで撮ったのであまりキレイじゃないかもしれませんが
動画も併せてお楽しみください
動画は ここから組み立て行列

スポンサーサイト
2008.07.28 01:50 | 祭り | TB(0) | コメント(10) |
久々に ワタシ的ヒットのスナック

nabati の SiiP
Siip
チーズ ・ コーン ・ チョコと3種類。

見るからに 日本のうまい棒系。 食感も味も似てました。
うまい棒が好きな人は好きかも。
こっちの方がちょっと甘さが強いかな。 コーンもチーズも甘めで 味が濃い。
うまい棒に比べたら 油も少々強めで ティッシュに置いたら油が滲んでました。

ひとつ Rp500程度。
沢山入った箱入りも売ってて そっちを買ってくれば良かったなぁ。
いや、 買わなくて良かったかも・・・・・ 一気に食べちゃいそう

かなりジャンクな感じですが ワタシは好きです

2008.07.27 15:45 | 食品 | TB(0) | コメント(5) |
今回のフライトは ガルーダを利用

JALには不満が多くて、 脱JALマイラーを検討してると 前に言いましたが
だからガルーダってわけでもない。
実は 一度はコンチネンタル (しかもビジネス!) を予約してたのです
珍しくかなり早めに手配したけど 第1希望日程はキャンセル待ちをしてました。

それに、ガルーダに関しては 『ワールドパークスに復活でもしない限りは もう乗らないな』
と 以前 書いたような・・・・

さらに 付け加えると、 昨年の利用後に 「二度と乗るもんか!ガルーダ 」 宣言を
密かにしてたのですわ
(以下、 長くなるので興味ない人は はしょってください)
GarudaIndonesia
それは 帰国後のこと。。

仕事へ直行だったワタシは バゲージクレームで荷物を受け取り そのままカートへ乗せ
宅配カウンターへ行って 自宅へ配達の依頼をしたのです。
仕事から帰宅し 荷物をほどいた時に初めて気づいたのです。
スーツケースのキャスターが ひとつ取れてなくなってる!!!

海外旅行保険に加入してたので 問い合わせをしてみたら 「航空会社の証明書が必要」。
帰宅後だから難しいのかなぁと 思いつつも ガルーダに電話してみた。
案の定 「一度空港から出られたら 証明書は出せません」 とのお答え
某AAさんで似たような状況を経験された方が ネットで 「証明もらえた」 と書いてたのを
読んだので、 ガルーダに断られても食い下がったワタシ。 しかし 譲らないガルーダ

なんと おっしゃられても 出せません。 荷物受け取り時でないと無理です。
今回がそうとは申しませんが、 帰宅途中での事故の場合もありますからねぇ・・・・・

って さぁ
「自分で壊したんじゃないのぉ??」 と 言いたげなのがプンプン匂ってるわよ

すぐにカートに乗せ そのまま宅配業者に渡しちゃったんだから 気づけなかったのよ!!
それを言うと 「配達中の事故じゃないですかぁ?」 と 言われそうだから黙ってた。
でも 後で気づいた。。
宅配受付したスーツケースは 下からすっぽりとビニールで包まれるのさ。
そのビニールの中にもキャスターは落ちてなかった。 って 事は 配達前じゃん!
自分でカートに積み降ろしした時に取れたら さすがに気づくしね?。

ガルーダ側の言い分は尤もよ。 こちらとしては強く出れないわ
例外を認めたら収拾つかないだろうことも理解します。

日本の企業って、 明らかにおかしいクレーマーにも しっかり対応しますよね。
何があろうと、 理不尽だろうと、 お客様は神様です
これ、 海外では通用しない。
今回は 日本のガルーダオフィスとのやり取りだけど インドネシアの会社なわけで。

まあ、 前途の某A○Aさんが 特例だったのかもしれない。
そんなわけで 不運な条件が重なったと思い 引き下がったのでした

でもね?。 何が嫌だったって、 こちらを疑ってるような話し方と対応
普段から サービスの端々に ティダアパアパ精神を漂わせつつ、 こういう時の頑固さ
証明出すだけで お金は保険会社が出すんだし 今回もティダアパアパでいこうよ?

結論。 こういう時は ティダアパアパじゃないみたいです。
いや。 ワタシが ティダアパアパと考えるべきなのか

とにもかくにも、 こんな事例もあるので 荷物受け取りの際はチェックをしっかりとね!
GarudaIndonesia
前置きが長くなりましたが
ガルーダには2度と乗らない!宣言をしたにも関わらず、
コンチのビジネスに乗って ワールドパークスに鞍替えをもくろんでいたにも関わらず、
何故 ガルーダに翻ったのか。。

それは バースデーキャンペーンがあったから
ガルーダのオンライン会員にメールで送られてくるんです。
(これって 書いても良いんだよね!?)
7月生まれの会員が7月に搭乗だったら なんと半額! よっ 太っ腹

チケット代が 3万になり 燃油も全て込みで 6万を切った。
6万円でお釣りがくるなんて 懐かしい金額だわ?♪
そりゃ?、 マイル諦めても 過去を水に流しても シッポ振るでしょ?
この恩恵を授かった人、 かなり多いんじゃないでしょうか。 何ヶ月も続いてるものね。
GarudaIndonesia
今回は 過去に冷たくあしらわれた事を糾弾したかったわけでは もちろん なく
(規則は規則だしね・・・・・・)
家に着くまでは 気を緩めちゃうと こんな事もありますよ?! と お伝えしつつ
ガルーダを喜んで再利用させていただいた次第です。 (ゲンキンなワタシ

往路の機内食は 魚をチョイス。
GarudaIndonesia
この 「たまご」 は 白餡系のまんじゅうですが、 食後のデザートには少々重いですね
そのままお返しするのもナンだからと 小腹空いた時用に取っておきました。
到着後のイミグレの長時間待ちで頭痛を起こしてしまったので
ディナーに繰り出す前、 鎮痛剤を飲む際に重宝した 「たまご」 です。

アイスは相変わらず、 超がつくほどのバニラ。
GarudaIndonesia
暇つぶしに機内販売のカタログを眺めていたら、 エスティローダーの香水に
バリドリームなんて ステキなネーミングの商品を発見
買っても開封しないまま放置された香水が家には山ほどあるので、 購入しませんでした。

通常 機内販売は利用しないんだけど (現地のDFSも)
今回 どーしても欲しくなったのがこれ。
GarudaIndonesia
リアルなミニチュア模型は必要ないけど (そこまで ガルーダマニアじゃない)
このキーチェーンは コロッとしたフォルムがたまらなく可愛い
しかもね。 チビっ子のくせに なかなかやるな! で、 光るのよ。
GarudaIndonesia
エンジン音も鳴るんだけど あまり飛びそうもない感じ。 笑
3個入りで $12。 自分に1個と 残りは土産にイイかもと お買い上げ。
(子供、 もしくは バリやガルーダが好きな人じゃないと微妙

いよいよ バリに入った時 窓からはキレイにアグン山が見えました
これを見たいが為に ワタシは必ず 進行方向に向かって左側 (A席) を指定します。
天気が良いとバッチリ見える! 空からアグン山を見下ろした時、 バリに来た?と感じます。
これだから ガルーダってイイ
GarudaIndonesia
アグン山のてっぺんしか見えないような曇りも多いけど
今回はバトゥール湖もクリアに見えました。
GarudaIndonesia
話はすっ飛んで 復路。 乗って間もなくサーブされる軽食。
これはメニューが一つなので 否応なく配られます。 (もちろん断ってもイイけどね)
GarudaIndonesia
ガルーダって 比較的 乗る度にいつも違うメニューが出てくるから嬉しい。
見た目は微妙だったけど なかなか美味しくて、 あまり空腹でないのに食べれちゃった。
ただし、 ブブールインジンらしい (奥の黒いやつ) は 口に合いませんでしたわ。

朝食は おかゆ と オムレツの2種類。 朝食にチョイスがあるって嬉しいじゃないの

復路便には一人で乗りました。 窓側に座ってました。
隣には見ず知らずのお兄さんが。 (おそらく同年代)
朝食を配る際に まず通路寄りのお兄さんに 飲み物を 「アップルかオレンジ」 と聞きました。
お兄さんが アップルと答えたら、 無断でワタシにまでアップルがきました。
はて・・・何故!?
オレンジの気分だったので、 もちろん 「オレンジに変えて」 と 頼んだわけです。

続いて、 まず お兄さんに 「おかゆ か オムレツ」 と聞きました。
お兄さんが おかゆと答えたら、 無断でワタシにまで おかゆがきました。
何故でしょう・・・・??
いい加減 頭にきたので、 既に前の席にサーブ中のFAに 無言でトレーを差し出しました。
食べたくないと勘違いされたようで (そりゃそうだ) トレーを受け取り知らんぷり。
なので 一言 「オムレツ!! 」と 言ってやりました。

とっても不可解な出来事ですが、 思うに カップルと勘違いされてたようなんですね
でも よ!! 例えカップルだって 一人ずつ 聞きませんかねぇ!?
手抜きもいいとこ。 心外だわ
やっぱり ティダアパアパなサービスじゃないかぁ?!! なら 証明書も出してよ!!
GarudaIndonesia
憤慨してたので写真を撮り忘れました。 これは以前のもの。
今回はこれにヨーグルトがプラスされてました。

なんだかんだ言っても ガルーダですからね?。 多くは求めません。
というか、 普通レベルのことも求めません。 じゃなきゃ 乗ってられないでしょ。 笑

GarudaIndonesia
デンパサール → 成田のガルーダは ジャカルタを経由します。
機内に居ても良いし 降りても良い。
ジャカルタに1時間も居ないんだけど タバコ吸う人なんかは やっぱり降りちゃいますよね。
この時間は 相変わらず 閑散としています。
以前よりは 開いてる店がチラホラありました。
GarudaIndonesia
一度降りたら もちろん搭乗開始までは機内に戻れません。
けっこうヒマですよ
機内で爆睡できてたらまだしも、 体を動かせるし ヒマでも降りた方がワタシは好き。
以前は そこかしこに無造作にあった喫煙スペースが撤去され
ゲート手前の狭いカフェバーみたいな場所での喫煙に変更になってました。
ジャカルタにも分煙の波がきてるのでしょうかね。

長くなりましたが ガルーダのあれこれでした。
2度と乗らない宣言は 一応解除しておきます

2008.07.25 01:56 | ガルーダ | TB(0) | コメント(10) |

Calendar

06 | 2008 / 07 | 08
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。