mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
インティガネサロンにお邪魔してフェイシャルを受けた時に
肌の変化に感激したワタクシ
これは技術も然る事ながら きっとプロダクトの質が良いに違いない!
と、 フェイシャル終了後に早速オリジナルコスメを物色。
Inti.
ベビーローション 120ml Rp100.000
バリで考えたら高めかもしれないけど 日本ではドラッグストア系の金額でしょう

ナチュラル成分で シルク&パールパウダー配合。
ベースはラベンダー&カモミールウォーター。
カモミールは乾燥肌に良く、 リンゴっぽい香りが心地良くて好きです。
このローション、 ワタシにはすごく良かったです
香りも癒されるし 潤いつつサラッとした使用感。
バリでだけじゃなく日本で使ってもイイ感じでした。 大きいのを買えば良かった?

こちらで使用してるシルク&パールのパウダーがすごく良い気がして
できれば パウダーをごっそり買いたいくらい。 でも 売ってません。

もうひとつ シルク&パール配合のコスメが ダブルモイスチャークリーム。
Inti.
何が何でも買って帰りたかったのに 品切れでした
諦めきれず 帰国日まで電話してみたけど 結局最後まで買えずじまい。
帰国後 メールで問い合わせして 日本に送ってもらえないか聞いたらOKとのこと♪
でも 郵送中に溶けるかも? とか、 う?ん 送料が・・・・とか、 迷ってたら時間経っちゃって
そんな中、 インティスタイル開設のお知らせをいただきました。
日本に直送してくれるインティの通販サイトができたのです
今なら会員登録時に1000ポイントもらえちゃうので 最初の買い物は実質1000円引き!

早速オーダーしてみました。 そして無事やって来ました
おおっ! 懐かしい白と黒のビニールがバリらしさ満点です。 破損もなく全て無事到着。
Inti.
EMSで通常4?5日もあれば着くはずなのですが ワタシの場合10日ほどかかりました。
何故かジャカルタに送られてしまったというアクシデントがあり、 何ともバリらしい。 笑
バリ→ジャカルタ→バリ→日本と巡り巡ってたどり着いてくれたのです。
この際もインティさんの方で荷物の追跡調査をしてくれて 連絡もしっかり来るので
安心して待っていられました。

ちょっと気がかりだった ダブルモイスチャークリームが溶けてしまうこともなかった。
(ちなみに ベビーローションは通販不可 → 通販も可能になりました)
Inti.
オイルベースなので 人によっては重く感じるかも。
だけど ベタつくことなく少量でしっとりする なかなかの優れもの。 ギトギトしなくてイイ。
ワタシは夜のお手入れの仕上げに使用しています。

とにかくダブルモイスチャークリームを手に入れたくて利用したのですが
どうせなら 何か他にも・・・と思い 購入したのが トリートメントオイル 1000円。
トリプルナッツオイルにシルク&パールパウダーと精油を配合。
Inti.
すでに3種類のオイルがミックスされてるし パウダーも精油も入ってるので
このまま化粧品作りの材料に利用するのが目的。

ビタミンやプラセンタなどの有効成分に ミツロウやグリセリンなども加えて
乳化ワックスやガム系を使って 好きなようにクリームや乳液を作ります。
なんてリッチなのかしら
Inti.
パウダーが沈んでるので 使う前に逆さにすると良い。

ひとまず 届いてすぐ試しに足に塗ってマッサージをしてみました。
浸透が良いのか意外にサラッとした使用感。
このままマッサージオイルとして良いですね?。

バリのインティショップでは もちろん全て購入できます。
日本に居ながらインティスタイルでも購入できるようになったので便利。

ブログ 裏インティバリでは 利用者の声や商品・ショップについて その他いろいろと
インティのお話を読むことができます。 (ワタシの感想もありま?す)
インティファンの方は要チェックですよ

Inti.Bali
バリ島直送通販 → Inti.Style
ブログ → 裏インティバリ

スポンサーサイト
ホテルは ただでさえ写真が多くなり 整理が面倒なのですが
リジャサアグンは景色のせいで ついつい撮り過ぎてしまい
しつこく4回も引っ張ってしまいました これが最終回になります。

リジャサアグンから アユン川が見えるのは何度も書きました。
実は ここはラフティングのスタートポイントなのです。
ボートを降ろして川を下り始める人たちを何度も見ます。
RijasaAgung

朝の早い時間に 山を延々と降りてくるラフティンガーたち。
ワタシなら川下りの前にバテてしまいそうな長い階段ですよ
RijasaAgung

キレイな夕日や朝焼けに期待してたのに 滞在中はずっと雲が多くて残念
RijasaAgung
それでも しつこいくらいに空を撮りまくってました。

徐々に陽が落ちオレンジ色に染まり始める空。
RijasaAgung
帰って写真を見て初めて気づいたんだけど 山の下の方が見えてたようです。
バトゥカル山を丸々拝みたかったなぁ。
RijasaAgung

何度撮っても同じとわかっていながら ついつい何度も撮ってしまうこのアングル。
RijasaAgung
サンセット時の夕焼け色に染まるホテル棟。

夜は軽くライトアップ。
RijasaAgung
もちろん渓谷方面は真っ暗闇で何も見えません。
ベランダの明かりが所々ついてますが ワタシのベランダも電気をつけっぱなしで寝たら
翌朝は虫だらけ 電気は消した方が良いです

朝方の雨と朝露でかすんだ景色がまた格別。
RijasaAgung
朝ってこういうものだなぁって 自然を眺めてると感じますね。
普段の生活では朝を堪能することってないから。
RijasaAgung
チェックアウト後はウブドのホテルへ移動予定。
日に何度か出るシャトルバスに乗るつもりで スタッフにお願いしておきました。
ロビーで待っていたら シャトルバスはファミリーで満員になり出て行ってしまった
焦って聞いたら ワタシ一人の為だけに もう1台用意されていました。
この後 火葬式のせいで通行止めや渋滞に巻き込まれ とんでもない道へ迷い込んだりと
ワタシにとってもスタッフにとってもハードなドライブとなりましたが
トランスポートのスタッフの頑張りには申し訳ないような頭が下がるような・・・・
RijasaAgung

高級ホテルのような設備やサービスは もちろん期待できませんが
素朴でほのぼのと癒された滞在となりました。

動画は ここからリジャサアグンの風景
鳥や雨やプールの水などの心地良い音を聞いてみてください。
ワタシが何かにつまづいてるっぽい音も入ってるけどね

ここでは写真が小さくなってしまうので mimpi indah album にもUPしてみました
何もしないを楽しむ日
夕暮れの空色
朝の幻像風景

2008.09.25 01:14 | ウブド | TB(0) | コメント(6) |
リジャサアグンには プールが上下に2つあります。
RijasaAgung
雰囲気は上の方が良さげだけど 実は渓谷には遠め。
パンフレットやらサイトやらで使われてるのは上のプールです。
RijasaAgung
これだけのビューがあれば ただプカプカしてるだけでも気持ち良さそう
乾季のウブドは涼しくてプールに入れるのは稀。 水着もクタに置いてきてしまったくらいで
入ってないので プール自体の感想はなく 写真集みたいなもんです。
RijasaAgung
見たところ 清掃もちゃんとされていて キレイな様子。
RijasaAgung
薄いブルーが涼しげに清潔感あって良いですね。
雨季にきてたらプールに入りたかったなぁ。
RijasaAgung
下のプールはというと いたって普通な四角いプールです。
RijasaAgung
渓谷にはこちらの方が近くなりますね。
渓谷寄りの端っこも人が歩けるくらいなので 縁に浮かんで渓谷を眺めるのは無理かも。
っていうか、、 こんな場所にあっても柵とか作られてないのがスゴイ!
日本じゃ考えられないですね。 高所が怖い人は無理かもしれませんねぇ。。
RijasaAgung
部屋から見るよりアユン川が近くにあります。
RijasaAgung
ここのプールは上から水が落ちてきてて これにあたったら気持ち良さそう
って、 打たせ湯か何かと勘違いしてる? 笑
RijasaAgung
RijasaAgung
デッキチェアは少なめ。 泳いでるゲストもいないから必要ないけど。
プールのすぐ脇にはなかったように思います。 デッキチェアの意味ないじゃない。
RijasaAgung

話は変わって、 レストランは一階で ロビーの下の階になります。
軽く庭が見える程度。 渓谷が見える位置にあれば良いのに。
RijasaAgung
朝食は 朝食メニューからのオーダー式でした。
ワタシはインドネシアンのブブールアヤムをチョイス。
別にお粥好きなわけでなく ブブールアヤムの味が好きなので
朝食メニューにあると必ず頼みます。
RijasaAgung
見た目キレイで 味もなかなか
朝食にお粥だと 軽くお腹を満たせてお昼に備えられるので良いですよね?。
フルーツサラダとフルーツジュース、 コーヒーか紅茶もつきます。
RijasaAgung
リジャサアグンではスタッフの印象があまり残ってません。
これといって問題も頼み事もなく あまり関わってないからだと思うんですが。
レストランのスタッフは けっこう気が利いた記憶があります。
遅めの時間だったこともあり ワタシが行った時はワタシ一人きりだったので
放ったらかしかと思いきや 頼む前からコーヒーのお代わりとか勧めてくれました

2008.09.21 22:53 | ウブド | TB(0) | コメント(8) |

Calendar

08 | 2008 / 09 | 10
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。