mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
報告なしで放置してしまいましたが バリから無事帰国しました

Flight

バリはとにかく暑かったです
もう雨季に突入してるけど 滞在中はさほど降られず。
2度ほど激しいスコールに見舞われましたが すぐ終わるような普通のスコール。

その分、 とにかく蒸し暑い。 10分も歩けばヘロヘロです。
日差しの強さで肩にかけていたバッグまで熱を持って熱くて触れないほどに
(そういう素材と色だったわけですが・・・・)
これから行く方は日焼け・熱射病対策は怠らずに!

雨は降らずとも雲が多く どんよりした空なことも多々あります。
キレイな風景写真を撮るならやはり乾季の方が良いな・・・と思いました。
しかし晴れれば雨季だろうとやはりピーカンです!!陽射しが痛いです!!



気になるレートは 前回に比べたらそりゃ落ちてました。
でも十分なほどです。
最低が到着時の空港で100ぴったり (!) 最高が106.10
ちょうど100くらいだと 日本円でも考えやすくて便利ですね?
滞在中の傾向としては日々上がっていく感じだったので 滞在がもうちょっと遅かったら
ルピアもドルももっとお得だったかも。

Rupiah
新しい2.000ルピア札です。

今回の滞在ではやたらと高額紙幣に悩まされました。
どんなに食事しても買い物しても 何故か財布の中は常に大きい札ばかり。
チップやタクシーで今払いたいのに!! って時に細かい札がなくて何度困ったことか
細かい札は後の為に取っておこうと思っても 支払い時に大きい札を出すと
何処の店でも 「もっと細かいお金ないですか?」 と言われる始末。。
ワタシが欲しいくらいですよぉ
細かいお金を作る為に必要のない買い物をしたことも何度かありました。

細かい札は計画的にキープしておきましょう
でないとワタシのように、 タクシーで平謝りしながらコインをジャラジャラ出したり、
「今これしかないの。 でもチップ渡したいの!」 と平謝りしながらRp2.000を渡したり。
と 情けない目にあいます。



今バリは計画停電が頻繁に行われています。
大体夕方6時頃から夜9時10時くらいまでの4時間前後。
エリア毎に一気に電気が落ちます。 日によって停電エリアが違います。
ワタシの滞在中 (エリア移動が頻繁だったせいか) 平均すると2.5日に1回は停電。

正直、短期旅行者にとってはえらい迷惑です
街中は暗くなるし 予定してたレストランが真っ暗で断念なんてことも。
自家発電のあるホテルやレストランは通常通りなんで問題ないですよ?。
逆に自家発電のないホテルだと 真っ暗で何もできず。
もちろんテレビも見れない。 本も読めない。 クーラーも効かず暑い。
電気のついてるレストランやカフェに避難するしかありません。

停電時の対応はホテルによってまちまちです。
停電って何?って具合に通常通りのホテルもあれば
全く何もしてくれない、 キャンドル一個くれる、 小さな電灯が用意されてる、などなど。


これ 小さな電灯。 たぶん充電式。
これ一個で何ができるっていうんだ?! ないより全然いいですけどね。
バリの皆さんはすっかり慣れてて、 ビックリしてるワタシをよそに
「あ?、すいません。 数時間停電です」
・・・・ワタシも最後には 「あ? またか」 と思うようになりました



ここ何回かの渡バリでずっと感じてましたが 今回特に思ったのが
写真撮影駄目って店が増えたな?と。
スーパー・デパートは まあわかります。 日本でもそういうとこ多いしね。
(理由は知らないけど)
スパは シャッター音やフラッシュなど 他のゲストへの配慮だったら理解できます。
でも カフェとかデリとか雑貨屋は何故?? アイデア盗まれちゃうから?
どんだけ凄い店なんじゃ?!! と思っちゃう。

最近は 「写真撮っても良いですか?」 の一言を口にするのもビビります。
だって わざわざお伺いして 「駄目です」 って断られるほど情けない瞬間はない
しかも ご丁寧にたどたどしいインドネシア語で聞いたのに。。 数秒間固まります。

ハッキリ言って 写真駄目と言われた瞬間に萎えます。 もう来ないな・・・・って思います。
アイデア満載のショップでも オリジナルデザインの服屋でも オシャレなカフェでも
笑顔で 「どうぞ、どうぞ?!」 と言ってくれる所もあります。
シャッター押しましょうか?まで言ってくれちゃう (ワタシは入らんでいいのに)。
たいがいはそういうお店って何においても店員の対応や感じが良いのですよ。
逆に 写真駄目という店は 店員も愛想がないことが多い。

一番の問題はブログで書けないじゃないの!ってことなんだけど
そういう愛想のない店はお勧めしたいとも思わないので結構なんですけどね。



毎回日本に帰ってくると思うんだけど 日本は人が多くて忙しない。
(それはそれで大事なことなんですが。)
バリでは見ず知らずの地元の人たちとの触れ合いがやはり楽しいです。

目指す店の場所がわからずにウロウロと途方に暮れて 道を尋ねたら
一緒に地図を見たり あれこれ必死に考えてくれる。
周りの人たちも 「どうしたの?」 と寄ってきて 通りかかる人まで巻き込んで。
結局わからないまま終わるんだけどね (笑)

ワルンで相席になった強面のオッサンも灰皿の貸し合いで一言二言会話をすると
最後には笑顔ですっかり友達気分。
バリって 人が面白いったりゃありゃしない。

友達との待ち合わせに座り込んでいたら向かいに可愛い赤ちゃんを抱いたパパ。
赤ちゃんと目が合って手を振ったり遠巻きにあやしてると
いつの間にやら パパと会話していたり。
片言のインドネシア語と英語しか武器がなくても 人との交流ってできるもんだなと。



相変わらずクタでは道での声かけが激しく (それでも以前よりは人が減った気がする)
レギャン通りとクタスクエアではコテコテのが結構いました。
そういう輩とは交流は必要ないですよ! 波風立たない程度に流しましょう。

やはりああいった事件の後でしたから。 そんな気配は全く感じられないんですがね。
実際にあったことなので 気を緩めるのは良くないなと。
変な人に目をつけられたり 怒らせたりするのは怖いので。
夜は一人で歩かないようには気をつけてました。



普通に道を歩いてて 何もない所ですっ転びました
膝を激しく打ちつけ 血を流し痛いのなんのって。
乾かす為にレギンスもパンツも常にめくって片膝出して歩いてました。
(そんな日本人を見かけた方、 それはワタシです)
それを見るとみんな 「どうしたの?」 と心配してくれ あれやこれやと処置までしてくれて。
痛さと情けなさもみんなの優しさで癒されました。

帰国便で座った席があまりに寒くて 朝目覚めるなりくしゃみ鼻水が止まらなくなって
今はノドの痛みと闘ってます。

そんなこんなで 帰国後は 膝の痛みと風邪に悩まされております。

Flight

何はともあれ バリは相変わらず暑くて面白くて奥が深い
これから12月で年末年始など渡バリ予定の方も多いと思います。
そろっと計画を詰め始める頃でしょうから楽しんでくださいね?!
またブログも少しずつUPしていきますので よろしくお願いしま?す

スポンサーサイト
2009.11.29 17:46 | 今回のバリ | TB(0) | コメント(27) |
バリに通いながら 前回初めて行きました KU DE TA
KUDETA
どちらかというと美味しければ小汚いワルンで満足する人だし
ワタシの旅スタイルには少々値が張るレストランなので 行ったことがなかったのです。
一人で行く店じゃないしね。
そりゃ? 一度は行っておきたい所ですけどね。

友人と 最後の夜はちょっとお洒落でサンセットも良いレストランに行きたいねという話になり
それなら やはりクーデターでしょう
KUDETA
もちろんサンセット前に到着。
テーブルを予約しておいてもらったけど サンセット時はまだ店内は空いてます。
KUDETA
KUDETA
みんな夕日目当てに海を見てる。
KUDETA
クーデターといえば 赤パラソルに特大サイズのビーチチェア。
本当はこのチェアでカクテルでも頂きながらサンセット鑑賞をして
それからテーブルに移動して食事をしたかったのですが。。
この席は大人気なのでサンセット直前に行っても取れやしません
KUDETA
到着早々にテーブルに案内されたものの 席でジッとなんてしてられませんよね。
海の見える窓際の席を取っといてくれましたが 出たり入ったりでサンセットを待ちます。
芝生が綺麗にひかれた中庭からレストランを見るとこんな感じです。
KUDETA
陽が暮れてからは風が強くなり この窓は全部閉められちゃいました。
やはり この時間帯は外が気になる人しかいないようで
外を見てる人ばかり。 店内でジッとしてる人はいません。
KUDETA
陽が落ちてきましたよ?。
雲が多めでしたが なかなかキレイなサンセットでした。
KUDETA
店内はガラガラなのに まぁ外は人の多いこと。。

と 前置きが長すぎますが、 ココは半分はサンセット目的でもありますしね。
陽が落ちてしまえば落ち着いて食事もできる。
KUDETA
シーザーサラダ。

バリ旅のアレンジやらで お世話になったからと 太っ腹にも友人がご馳走してくれたので
それぞれの詳細な金額は覚えてません。
初バリの友人の為に バリばっか行ってる人間がアレンジするのは当然ではありますが
ありがたくご馳走になってきました
KUDETA
友人は肉をチョイス。
ワタシは悩んだ末に 店員お勧めのシーフード。
KUDETA
いかにもゲイというスタッフが一名、 喋りもしぐさもとにかく可愛くて。
「可愛い?!」 を連呼してしまいましたわ
黒づくめのスタッフ達はもっと気取ってるのかと思ったけど みんな気さくで楽しい
ワタシの自慢の友人はかなりの美人さんでもあるので うちらのテーブルは
何人ものスタッフにやたらと構っていただきました。 笑
KUDETA
とはいえ 周りを見ると欧米人だらけ。
この手の高めの名の知れたレストランで まして欧米人がやたら多い店で
日本人に愛想良いのはワタシ的にはポイント高かった。
KUDETA
夕方のガラガラ具合がウソのように ディナータイムには混みます。
周りは白人だらけだし 喫煙者のワタシたちは遠慮がちになっちゃったけど
隣のテーブルの欧米の方も吸ってたのを見つけて バシバシ吸わせていただきました。
こういうレストランでもまだ吸えるって バリだからだなぁ
KUDETA
で、 肝心な味ですけど。 あまり覚えてませんの
まぁ 普通?? って言っていいものかわからないけど・・・・
雰囲気重視なレストランですよね。
KUDETA
バリ慣れしてしまったワタシには 贅沢過ぎる店選びです。
でも ハワイのヘビーリピーターの友人にしてみたら この雰囲気でこの価格は安い!
だそうで。 まぁ そりゃそうなんですが。。
とにかく有名店なので 一度は行っておくのもアリですね!

気が置けない友人と バリでオシャレなディナーなんて最高
一人バリが多いワタシは それだけでもワクワクしちゃう。
なんかリゾートしてるな?!感がたまらなく嬉しかった夜でした
KUDETA

KU DE TA
Jl. Laksmana No.9 Seminyak
TEL (0361) 736 969

かるるさん宅の今年もバリ島へ行こうよ!
お昼の雰囲気や色々なお料理を拝見できます。 微妙なロゴTシャツも。w
KUDETA★スミニャック

2009.11.14 00:36 | スミニャック | TB(0) | コメント(18) |
スミニャックのアビマニュ(ディアナプラ)通りにある白くて大きな建物スタジオ5
スパやカフェ、 ウエディングサロンなどの入った複合施設。
2Fにあるスパキュアに行ってみました。
Studio5
夜7時くらい。 ゲストは他にいなくて貸切状態でゆったり満喫。
Studio5
奥に誰かいるみたいなのはウェディングドレスね。 夜見るとちょっと怖いかも

ワタシが受けたのは まず ボディブリスマッサージ 60分
アロマオイルを使用したフルボディマッサージで、 まあ 普通のマッサージです。

トリートメントルームはシンプル。
でも この木が置かれてることでライティングにちょっと変化が出てイイですね。
ボディマッサージは何処でもある感じで普通に良く 特別な感想はありません。
Studio5

それよりも 次に受けたヘッドスパパッケージ 90分。 これがイイ!!

2人のセラピストが同時にヘッドスパとフットリフレクソロジーをしてくれるんです。
頭だけなら足空いてるし 足だけなら頭空いてるし、 じゃあ一緒にやっちゃえ?
時間の短縮にもなるしね。 的な単純なものじゃなかった。
(ってか、ワタシの考えが単純なのか。)
Studio5
2人とも力加減が強めの良い具合で ツボにハマリます。
頭も足も同時に気持ち良いなんて たまりませんよ?。
しかも 2人がかりなんて なんだかお姫様な気分だし
ちょっとでも放置されるのが嫌いなワタシは 常にマッサージされてるぞって感じが好き。

とろっとろの1時間でした
髪を洗ったり乾かしたりって時間もあるので 全部で90分かかります。
ワタシは時間が押してたのでブローはテキトーに切り上げてもらいました。

髪がサラッサラになるというよりは 頭の凝りが取れてスッキリした感じ!
Studio5
同じ2Fのサロンでネイルもやってます。 ジェルネイルも可能。
ワタシは受けてないので どんなもんかわかりませんが
詳しくはスタジオ5のウェブサイトで見てくださいね。
Studio5

Studio5
1Fのカフェにも行ってみたかったのですが スパ終了時にはもう閉店してました。
本来の閉店より早い気がしたけど ものすごい豪雨になっていて
ゲストもいないので閉めたのかも。
来るはずの迎えが来なくて 豪雨で店前は洪水状態。
どうにもならず 困っていたら スタッフたちが心配して一緒に待ってくれました。
結局新たにタクシーを呼んでもらい タクシーが来るまで待ってくれたスタッフ達と
一緒に出てきました。
Studio5
バリでスパに行く時は わざわざ行って クリームバスだけ リフレクソロジーだけって
なんとなく損した気になるので、 どうせ行くならボディマッサージやフェイシャルを受けて
余裕があったらついでに頭や足って感じでいたんです。
でも ココなら ヘッドスパ+リフレクソロジーだけ目的で行くので満足って思いました

Studio5
Jl. Abimanyu Kompleks Ruko Gosha Plaza,Seminyak
TEL (0361) 738 730

2009.11.07 22:34 | スミニャック | TB(0) | コメント(0) |

Calendar

10 | 2009 / 11 | 12
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。