mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
ウブドのハノマン通りにあるナチュラルコスメのショップ バターカップ

手作り自然派石鹸はあちらこちらと沢山ありますが、 ここは石鹸以外にも
スクラブ・ローション・乳液・クリーム・オイルなどなど コスメのラインナップが豊富。
全てナチュラルな素材から作ってるオリジナルだそうな。

石鹸だけでなく コスメやシャンプーなどまで できるだけナチュラルな物を使いたくて
普段からこういうのには目がないので このお店も楽しみに行ってきました。

2009年4月オープンです。

ButterCup

店内は撮影禁止と言われました。
出ました、ワタシの嫌いな言葉 写真ダメってお店 最近増えましたねぇ。
これ言われると 一気にやる気がなくなります たぶん次はもう来ないって思います。

閉店時間の30分前に入ったら 歓迎ムードじゃなかったので
「まだ大丈夫よね?」 と一応確認。 「はい」 とは答えたけど (そりゃ当たり前)
迷惑そうな顔を露骨にし 隠しもしない。
バリってこういうとこありますよねー

小さなお店に 商品が所狭しと並んでいるので2?3人も入ればいっぱいいっぱいな感じ。
ただでさえそんななのに ダンボール箱が散乱していて足の踏み場がない状態でした。

閉店間際に駆け込んできた客=ワタシが迷惑なのか・・・・
ダンボールをどけようともしてくれず、商品選びも苦労しながら。
ワタシが買い物済ますまでひたすらワタシを眺めて待つ、待つ店員。
すっっごいプレッシャーなんですけどぉぉぉ

そんなわけで ゆっくり物色することができず、大急ぎで適当に選んで退散です。

ButterCup

店内は可愛くデコレートされて 商品の陳列もキレイで魅力的。
オーナーさんが日本人らしく日本語での説明書きもあります。

こちらの商品はパッケージに凝ってる物が多く可愛らしいですね。

ButterCup

大慌てで目に付いた物を買い込んだら お会計が全部でRp301.500。
できれば もうちょっとゆっくり物色したかった。
ま、30分しかなかったのは自分のせいですが
プレッシャーをひしひしと感じ 実際は15分で済ませましたから。

ButterCup
クレンジングオイル Rp40.000

ButterCup
アイクリーム Rp45.000

ButterCupButterCup
左) ローズウォーター フェイスローション Rp90.000
右) ハーバルフェイスローション アンチエイジング Rp50.000

フェイスローションはスプレーボトルに入ってるのですが
このボトル、霧状に出てこなくて 1点集中してブシューって出てきます
そのまま顔にスプレーするには霧状の方が使いやすいと思う。

ハーブローションはアルコールが合わない人はお控えくださいと注意書きがあります。
ワタシは肌に合わないってことはないんだけど、 アルコール臭が気になりました。

ButterCup
フェイススクラブ 100g ミルク Rp20.000

匂いがけっこう強いです。 濃厚そうな匂いがする。

このスクラブに限らず ここの商品は全体的に原料臭を強く感じます。

ButterCupButterCup
左) にがり石鹸 Rp26.500
右) 酒かす石鹸 Rp30.000

こちらの石鹸は素材選びがユニークです
種類がすごく多く、 アロエやコーヒー、ハイビスカスリーフなどのよくある物に留まらず
きな粉・はと麦・ほうれん草・バナナなどの変り種も充実。
おしるこ石鹸なんて美味しそうなネーミングの石鹸もありました

石鹸選びは迷ってしまって決めるの大変そうな品揃えです。

店内にも説明は色々書いてありますが、 日本語での商品説明リストがあるので
これを先にもらって 見ながら選ぶのもいいですね。
ButterCup
字が読めない写真で意味ないですが。
店内撮影禁止ってくらいなので 商品を詳しく説明しない方が良さげです。

ワタシは好みの物と出会えなかったのですが
ナチュラルコスメに興味ある方は探してみてくださいねー

ちなみにワタシが行ったのは2009年の11月。 今もあるのかな・・・・
たぶんあると思います。

butter cup
Jl.Hanoman No.56, Ubud
TEL (0361) 9192198

スポンサーサイト
バリの観光としては定番中の定番であるゴアガジャへ 久しぶりに行ってきました。
GoaGajah

1回行けば十分かなというか、何度も行きたくなるような観光地ではないんだけど
行ったのは随分前だったし、 ツアー時間がちょっと余ったので急遽寄ってみました。

ゴアガジャがバリ島観光の定番である一番の理由がそこではないかと。
ウブドから車で10分15分も走れば着いてしまうような場所にあるので
ツアーの合間にちょろっと組み込みやすいんですよね。

GoaGajah

11世紀頃に造られたらしい寺院遺跡です。

ゴアガジャは 「象の洞窟」 という意味で、 何故 象なのかは諸説あるようです
洞窟の入り口の怖い顔が象に見えたとか、 ガネーシャ像を祀ってるからとか。
大きいからって説もあるらしいけど。 よくわかりません。

GoaGajah

沐浴場は埋もれてしまっていて発見されたのは比較的最近の話。 っても50年くらい前。
ずっと埋もれていた割にはかなりキレイな状態で残ってますよね。

水が澄んでてキレイです。 魚も気持ち良さそうに泳いでるし。

GoaGajah

沐浴場が見つかるより30年くらい先に洞窟が発見されたそうです。
こんな目の前にあるのに気づかないなんて遺跡の発掘って一筋縄ではいかないですね。
何処に何が埋まってるかなんてわからないもんだ。

GoaGajah

洞窟の中はかなり暗くて じめ??っとしてます。
ワタシは 息苦しくなるし あんまり好きな感じじゃなくて
写真も撮らないし すぐ出てきちゃう。
中にはガネーシャ像とリンガ像が安置されてます。

昔は僧が瞑想に利用してた説が有力みたいですが、
ワタシだったらこんな洞窟の中にずっと居るって耐えられないね

GoaGajah

GoaGajah

ガネーシャの隣をよく見ると なんか怖?い。
子供らしき顔が沢山見えるので 日本でいう鬼子母神かしら。
GoaGajah

見るところはあまり多くないので けっこう早く終わっちゃいます。

定番観光地を巡るツアーなら キンタマーニ・ティルタエンプル・テガラランなんかと
組み合わせるといいかもですね。
ワタシ的には とりあえずここは押さえとけ!的な 定番の中に入る観光地です。
でも 時間に余裕がない場合には省いてもいいと思う場所です。

お寺や遺跡などの観光地に興味がない人には 全く面白くないとも思います。

階段がそこそこあるので 足の弱い人にはちょっとキツいかもしれません。

GoaGajah

暑い中で観光してると水のある場所は涼しげで有難いもんですが、
ここの場合は沐浴場を見下ろす感じなので あまり涼は取れません。

あちらこちらに色々なお花が咲いていて そういう楽しみ方もアリです

GoaGajah

入場料はRp6.000です。
GoaGajah

今回は マニックオーガニックでのお買い物について。
ここには色々な商品が並んでます。

ManikOrganik

オーガニック商品やナチュラル石けんはもちろん。

ワタシには何だかよくわからないものも多かったです

ManikOrganik
パワーストーンと石けんが並んでたりして本当に雑多な感じ。
↑ 棚の下にバリアスリの商品があります。

こっちには バリタンギで見た石けんがあります。 ↓
ManikOrganik
そんでもって ↑ 茶色い箱の石けんはスミニャック(オベロイ通り)のアースカフェと同じ。

この手のお店は品揃えが同じようになりますね。

とりあえず この石けんを1個買ってみましたが まだ使ってません。
ManikOrganik
Ritual Alami 'Black Rice Exfoliation Bar' 150g Rp26.500

もうひとつ、ココで買ったものが このリサイクルバッグ。
ManikOrganik
かなーり大きいサイズ (W41cm x H38cm x D18cm) で Rp90.000でした。
これはモルトなどの洗剤関係のパッケージを再利用して作ったバッグです。
他にもジュースとかコーヒーとか 色々なパッケージのバッグがあるんですよ。

使うパッケージによって色合いが変わってくるわけで。
ワタシがチョイスしたのは 紫やピンクっぽいものを集めたタイプ。
他も 黄色系とかブルー系とか色々あって可愛かったです。

ManikOrganik
↑ 反対側。
こっちの面にはラックスのボディソープも入ってますねぇ。

質感はちょっとゴワゴワしてて 普通にお出かけバッグとして使うような代物ではないです。
この柄では使う気にならないけど・・・。
使い道としては お買い物の際のエコバッグかな。

ワタシは 直前に ランドリーに通う時に使ってた袋が破けたので 代わりにと思って購入。
洗濯絡みのパッケージが多く使われてるんだしピッタリじゃん! なんて

日本では使い道ないよな・・・・と思ってたら、 家族がクリーニングに服を持って行く際に
使ってました。 やっぱりそこなんだ

ManikOrganikManikOrganik

早速 この帰り道にランドリーで受け取った大量の洗濯物を詰め込んで帰りました。
バリでも これで歩いてるのちょっと恥ずかしかったかな
かなり大きくて この柄だから 相当目立つバッグでした・・・・。

縫製は意外としっかりしてます。 生地 (?) は2枚重ねになっていて案外丈夫そう。
内側を見ると パッケージの後ろ側 (使用方法や成分表示などの面) が使われてて
さりげなく凝ってる作りに感心しました
ManikOrganik

他のバッグも写真に撮ってくれば良かったのに、この写真しかありません。
ManikOrganik
よくわからないと思いますが、写真真ん中の棚に何種類か写ってます。
形も色々あって 物によってはタウン使いもOKなのかも。

このパッケージ再利用のバッグは ここでなくても あちらこちらで買えます。
作りがしっかりしてるかどうかチェックはした方がいいと思います。

モルトやテボトルなど バリならではのパッケージ使いが多いので
バリ好きが高じちゃった人はコレクションアイテムにどうでしょう?

Manik Organik
Jl. Danau Tamblimgan 85, Sanur
TEL (0361) 8553380
Ritual Alami

2010.09.10 22:11 | 日用品・雑貨 | TB(0) | コメント(12) |

Calendar

08 | 2010 / 09 | 10
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。