mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
ガベンの続編 火葬です。

男性陣が棺桶を担いで火葬場へ向かいますが 女性陣はお供えものを運んで行きます。
ngaben
火葬場には沢山のバレが建っていて そこへプトゥラガンが置かれます
ngaben
下に穴が開いてますよね? これが掘り起こした後の墓地なんです。
ngaben
遺体を包んでいた布が無造作に転がっていたりして 髪の毛がそのまま落ちてたり。
一緒に燃やせばいいのに・・・・
ngaben
この辺りになると 棺桶を担いでいた若者たちの半分は消えてます。
彼らにとっては 棺桶を担ぐことがメインイベントなのでしょうね。
それじゃ本当にただのお祭りですね

プトゥラガンへ次々とお供え物を置いていきます。 準備完了するとこんな感じ
ngaben
これで火をつける準備が完了。
全てのプトゥラガンが終了するまでかなり時間がかかります。
それまでみんなでお弁当を食べたり コピを飲んだり。
この為に女性たちが大量に用意して行くのです。
バリの女性は本当に縁の下の力持ちですね。 頭が下がります
ngaben

こんな風に村中のバリ人が集まって みんなで作業したりご飯を食べたり。
こんな所へ参加できる機会はそうそうないので とっても貴重な体験ができました。

ngaben
同時に火を放つので 熱くてみんな一斉に非難します。 遠巻きに見学です。
あ、でもそれぞれのバレ近くに誰か残っていないといけないそうで
中の方にいる人は可哀相ですねぇ。
ngaben
写真には撮りきれませんが 広大な敷地のあちこちで数え切れないほどのプトゥラガンが
燃え上がる様は とにかく圧巻です!!
ngaben
言葉を失ってしまいますね。
もちろんワタシはバリヒンドゥーではありませんが 感慨深いものを感じました。
ngaben
ngaben

2006.09.08 22:59 | 祭り | TB(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mimpiindah.blog63.fc2.com/tb.php/105-93fed07c

Calendar

03 | 2017 / 04 | 05
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。