mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
もうバリにはうんざり? って思ってしまう事も たまにはありますよね。

その理由のひとつに 物売り、 ナンパ、 なんだかわかんないけど
やたらめったら声をかけてくる人人人の嵐があります。

これ ワタシはけっこう楽しんじゃいます。 (よほど不機嫌か 急いでる時は例外です)
せっかくバリまで来たんだもん。 イライラ腹立ってばかりじゃもったいない。
何度か行ってるとだんだん慣れてきちゃったり そのうち前ほど声かからなくなったり
ちょいと! ワタシには営業しないのかい? と逆に思ってしまうことも。
不思議とローカルは バリに慣れてる人・慣れてなさそうな人を見分けます。

旅先での人との出会いやご縁 ローカルとのコミュニケーション
旅の醍醐味のひとつです  一人旅だとなおさらそんな機会も多くなります。
一心不乱に警戒のみでは街歩きも億劫になってきますよね。
ちょっと視点を変えて楽しんでみると、 あ?ら 不思議 街歩きも面白くなってきますよ

ガイドブックにも 「注意」 の文字は必ず載ってます。 もちろんです。
警戒に越したことはありません。
程よい緊張感までは捨て去らず 街歩きも楽しめたら バリの街も違って見えるかも?

カップルやご家族連れなら ここは男性に頑張っていただいて
女の子同士ならノリで切り抜けて
だけど 女一人旅は悩みどころですよね。
・・・・というわけで 参考までに ワタシの今までの経験談をお話しましょう。
(って なんの役にも立たなそうだけど・・・・)

CafeMoka

カフェやレストランで寛いでると やってきます男性陣!
ローカルはこういった店には入らないので 大体は外国人です。
目的? 話し相手が欲しいとか? あわよくば的な ?
ま、 一人でいるから声かけてみよ?!って感じでしょうか。

大概は 「ご一緒してもよろしいですか?」 とスマートにお伺いをたててきます。
嫌ですモードの時は ニッコリして 「ごめんなさ?い!でも 一人で居たいんで。」
とでも言えばおとなしく引き下がります。
が、ワタシは 「どうぞ」 と言うことも多いです (小心者? いえいえ、ただの暇人です

話に飽きてきたなぁ そろそろ帰ろうかなぁ って時には
「そろそろ行かなくちゃ。 お話できて楽しかったわ?」 と これまたニッコリ笑顔で
それでも引き止める奴はそうそういません。

「連絡先教えてよ」 って言われたら!?
「そうね?、また何処かで会ったらね 」 なんて言ってみる?
いやいや、本当に何処かで会っちゃったら困るしね

フリーメールアドレスでも教えてそそくさと退散。
(帰国後実際にメール交換する事なんてほぼありません。
もし来ても嫌なら見なかった事にする。 そんなもんです。 お気楽に♪)

このパターンは アメリカ人 フランス人 ブラジル人 シンガポール人 マレーシア人・・・・
いろいろでしたが 皆さんそれぞれに面白い旅ネタを披露してくれたり
興味深いトピックで議論したり なかなか充実した時間を過ごしました。

ローカルのナンパと違って 外国人旅行者の場合は アプローチも会話も
比較的 紳士的で害のない人が多いです。
ただし、 やはり 「あわよくば」 な気持ちを持ってる人も居ると思うので
安易に滞在先を教えたり ついて行ったりは控えましょう。
こちらの態度ひとつで相手の出方も変わります。 隙を与えないこと。
自分の身は自分で守る。 これだけは忘れずに!!

どうやら長くなりそうなので 続編へ・・・

(写真は本文とは関係ありません)

2006.04.28 01:08 | | TB(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mimpiindah.blog63.fc2.com/tb.php/15-a2f8b42a

Calendar

09 | 2017 / 10 | 11
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。