mimpi indah

大好きなバリ島へ想いを馳せて・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
道端で声をかけてくるローカル。 けっこう厄介ですね。
でも 変に気張ってシカト攻撃の徹底遂行しなくても さほど害はありません。
こっちが足を止めなくてもついてくる。
「一人でいろいろ見たいから」 と言っても 「ボクもこっち行くんだよ?」 と言われてしまう。
(なんじゃ それ。 さっきまで道端に座り込んでたくせに )。

目的はすぐには見破れません。
自分の店に連れて行きたい人。 ガイドの仕事をゲットしたい人。
ジゴロといわれるビーチボーイの客探し (本当のジゴロじゃないけどね)。
ただのナンパ。 単なる暇つぶし。 日本語喋りたいだけの人。 ただ人懐っこいだけの人も。

バリ男 「名前は?」
ワタシ 「マデ」
バリ男 「バリ人じゃん」
ワタシ 「今だけね」
・・・・面倒くさいから適当にあしらってたはずが結構これでノリノリになってきちゃったり
気分良い時は普通に話しますけどね (全て気分次第)。
「あ?もうそろそろ離れようかしら」 と思った時には
ワタシ 「ごめん。 これから友達と会うから」
バリ男 「誰? 日本人? バリ人?」
ワタシ 「・・・・バリ人」
バリ男 「なんだ、そうかよ?。 怖いなぁ (なんで?)。 頑張って?! (何を?)」
さっきまでのしつこさはどこへやら・・・・
笑顔で意味ありげにウィンクまでして去っていきます。

↑ これかなり効果ありました。
バリ人の友達や彼氏がいるとヘタな事できないってのがあるらしいです。
(実際のところはどうだか知りません)。
あ、でも その界隈をまだうろつく予定ならこれは使えませんねぇ

Ubud

タクシーの運ちゃんの営業攻撃。 うんざりしますよね。
乗る度に 「明日の予定は?」 「ウブドは?」 「美味しいレストラン知ってるよ」
これには 「友達いるから案内してもらう」 「もう何度も来てるからほとんど行った」
とでも (何回か) 言えばおとなしくなります。
バリは初めてなんて言っちゃうとしつこいけど、 何度も来てるって言うと黙る人多し。

疲れたからマッサージ屋を探してると言ったら 「僕のマッサージすごいね」 (何がだ?)
「ただでやってあげるよ」 (やだよ) 「バリ人の男イイね」 (しかもしつこい)
これにはまいりました
「友達がやってくれるから」 とは言えません。
「もう試しました」 と答えました。 もう自分でも意味がわかりません (爆)

ウブドで多いのが 「トランスポ??」 の声。 数歩歩けば はい、また次。
笑顔で 「ノー サンキュー」 「また今度」 を繰り返すワタシ。
疲れてくると笑顔が消え そのうち無言に。

時には立ち話で世間話も。
「さいきん おきゃくさんいないねぇ」
「大変ね。 早くいっぱいになるといいねぇ」
「アナタやさしいね」
こんな会話も時間があり余ってるワタシには楽しいもんです。

そんなに気をつかって笑顔を消費する意味があるのか!?
気を使ってるわけではないのです。 自ら積極的に楽しんでるだけなのです。

KutaSquare

いちいち相手してる余裕はないわ!というお方。 貴重な時間の無駄だわ!というお方。
もちろんシカトでも良いと思います。
ただ 「対処に困って?」 「なんか怖くてどうしていいかわからない。」
「話はしてみたいんだけど・・・」 なんて思ってるけど躊躇してるなら
じゃんじゃん楽しんでみるのもありですよ。

日本ではナンパをシカトしたり適当にあしらうと 捨てゼリフに 「このブス?」 なんて話も
よく聞きます (最近はないんですか?)

バリではどうでしょう。 たとえ足を止めなくても 相手の思惑に乗ってあげられなくても
ふたこと みこと 言葉を返してあげる。
それだけで相手は笑顔になり 嬉しそうに 「気をつけてねー!」 なんて言葉をかけてくれる。
そりゃ?シカトされるより嬉しいですよね。
こっちも笑顔で 「ありがとー! 頑張ってねぇ!」 なんて言ってあげた日には 後ろから
「キミ可愛いね?」 「アナタ優しいねぇ」 と 叫びながら手を振って見送ってくれる
そりゃあ ブスって言われるより可愛いって言ってもらった方がこっちも気分良いですよね。
街歩きを楽しむちょっとしたコツかもしれません



ローカルからの声かけの場合に気をつけたいこと。
その場の会話を楽しむだけなら特に問題ありません。
例えば お店に連れていかれて買い物する。 破格のツアーをやってくれる。
(そういったこともワタシは避けますが)
もし何かしら関わった時に 「親切で良い人だな?」 と 安易に考えないことです。
中には本当に親切な人もたまには居ますが、 見ず知らずの一旅行者に
何の得もなく親切心だけでアレコレしてくれる人なんてそう居ないでしょう。

昔から今でも存在するのがジゴロと呼ばれる男たち。
甘い言葉で誘惑して 付き合ってると思わせて 実はお金や物が目当て。
結婚して日本へ行きたいなど、 ジャパニーズドリームを夢見る人もいまだ多いのです。
知り会って間もない人に 好きだの愛してるだの言っちゃう人はおかしい。
それは全世界共通なわけで。
こういった男性に引っかかってしまったら後が辛いので
見極める、 上手に線引きをする、 といった自信がない場合は
最初から関わらないのが賢明です。

続く・・・・ (まだか )

(写真は本文とは関係ありません)

2006.04.29 01:09 | | TB(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mimpiindah.blog63.fc2.com/tb.php/16-01fdaea0

Calendar

07 | 2017 / 08 | 09
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

バリ行きツアー





Bookmark

相互リンクブログ 更新順

気軽にメールくださいね

名前:
アドレス:
タイトル:
メッセージ:

FC2カウンター

Amazonでバリ島を探す

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。